恋愛話
未だに、、 持田

   未だに、元彼を引きずっている。忘れたいと思ってるわけぢゃない、けれど恋愛感情が消えない、想い続けて。別れの切っ掛けは彼が自分を相手にしなくなったこと、、出会いは五月‥初めて会った日のことを今も鮮明に覚えている、首を振る仕草がとても愛しいと思った、いろんな話をして毎日のように会った。彼との思い出には必ず関わっていものがある、彼の車だ。初めて会ったのは車の助手席に乗ったあのとき、触れたいと頭を撫でてくれたときも、手を繋いだときも、キスをしたときも、誕生日プレゼントにペアリングをはめたのも、、そのときの約束、守れなかったよ‥「ずっと一緒にいてくれますか?」って。ずっといたかった、でも、いられなかった、夏に彼は仕事を辞めている。職場が合わなくて、精神的に無理があったらしい、支えになれなかったよね。どんなことがあっても大丈夫だと思ってた、ただそんなはずがなかった、自分は強くはなかった。弱くて、脆い、彼が精神的に参ってしまってからは付き合ってる感じゎしなかった。まるで片思いかのように。本当に自分がなんなのか?悩む日々だった、毎日していたメールは来なくなり、送った場合のみ返ってくる。会わない。最後、別れたのは数ヵ月たった久しぶりに会った日、なんか全然まとまらないし書ききれませんね、、もしも読んだ人がいらした場合すみません、ただ想いを書き込みたかったのです、今も、振ってしまい年が変っても愛しています。指輪もずっとつけて、、      元15歳 秀一

 

---------------
■名前 : カァ

---------------
元彼の私物なんて別れたその日にお別れ↓↓別れた相手に何時までも悔やんで苦しむなんて冗談じゃない!!