2013年11月アーカイブ

   ヤり終えた後、数か月後にまたヤろうと連絡しました。返事は即オッケー。ただし今回は俺の友達と二人で彼を犯す事に。彼も了解済みです。高校生大好きの友達に彼の写メを見せたらすごいタイプらしくてヤりたいやりたい言うから二人でヤる事にしました。友達と俺の意向で制服で来てもらう事に。今回は俺の部屋です。彼が来ると本当に制服姿。髪を切ったらしく前より更にカッコかわいい!友達「やべーすげ~カワイイ」彼は照れ笑いしてました。ふとカバンを見ると体操服があると言いました。俺と友達は体操服姿が見たいと頼むと着替えてくれる事になりました。ストリップを見てるようです。あっと言う間にパンツ一丁になった姿は、少年らしさが残る顔と体に不釣り合いなボクサーのモッコリ。短パンの体操服姿になると、彼を挟む形でベッドに三人並んで座りました。友「モモすべすべだね」と言いながらいやらしい手つきで足を撫でてました。ふと彼の股間を見ると立ってないのに股間がモッコリしてました。座るとモッコリが分かるもんだと思うけど、なんせデカチンなんでパツンパツンにモッコリしてました。友達「かなりでかそ~」と言いながら友達はどさくさ紛れにモッコリを揉みました。

 

   俺は、同じクラスに気になる人がいました。というか、好きでした。いつもそいつが気になって、授業中もチラ見しちゃったり(笑)でも卒業式も終わり、もうその人とも会えません...。今でも、思い出してしまうし、やっぱり好きだと思いました。でも、相手はノンケだろうし...。もう、どうしたらいいかわかりません(;_;)誰かアドバイスください!!

 

   俺には好きな人がいます。向こうは多分ノンケだと思うんですが、きっと俺がその人のことを好きなのを気づいてると思います。でも、抱きついたりすると、ぎゅっとしてくれたりちょっとHなコトをしてきたりします。俺からもHなコトをするんですが毎回嫌がってるような感じなのに、俺のコトを嫌いにはなってないみたいなんです。「友達」と言われても、普通の友達と一線越えてしまっているので中々しっくり来ません俺としては...俺にHなコトされたくないなら、他の誰かを交えて遊んでくれればいいと思うんです。本当に好きだから、俺の所為で嫌な思いだけはして欲しくないんです。でも、本当に好きだから抱きついたりもしちゃって・・・。余談が多くなっちゃいましたけど、ともかく、相手が俺のコトをどんな風に捕らえてるのかが全然わかんなくて。告白しちゃえばわかるコトなんですが中々その勇気がなくて・・・自分じゃどうにもできなくてココに書き込みました。皆さんの意見が聞きたいです

 

   初投稿です!&実際のこととフィクションが混じった話です。 自分の名前は智也。現在、高校2年生。 そんな自分には好きな奴がいた。同じ部活の同級生。名前は達也。自分と同じで平凡な顔立ちと体つき。腹筋があるわけでもないが、太っているわけでもない。どこにでもいる高校生だ。達也に出会ったのは高校に入学して何日か経ってから。内気な自分は、自ら友達を作ろうと行動しようともせず、その日もいつも通り、独りで弁当を食べていた。と、その時、彼が「一緒に食べない?」話しかけてくれたのだ。自分はすっごく嬉しくて、もちろん机を並べて一緒に食べた。食べながら達也の話を聞くと、どうやら彼もなかなか友達ができす、今日やっと思い切って話しかけれたのだそうだ。それが自分だったわけで。 それから自分たちは大の仲良しになった。部活も二人で同じ部に入ろうと決めたし、休み時間になれば必ずどちらかが相手の席の方へいき、くだらない話に盛り上がった。そんな日々を過ごしてくうちに、自分に、ある感情が芽生えてきた。好きかもしれない...。でも、男が男を好きになるなんて、あっちゃいけないことだ!と思い、忘れようとした。でも、ずっと引きずった。 高一の夏休み、達也を初めてウチに誘ってみた。やましい気持ちはなく、ただ単に新しいゲームソフトを一緒にやりたかっただけである。家が遠いこともあって、今まで家に呼ぶということはなかった。午前中の部活を済ませ、自分たちはそのままウチへ行くことに。すごい暑さの中、歩いてきたため二人とも汗びっしょりだった。部屋に入るなり、自分は制服の夏服であるYシャツから私服へと着替えた。それを見た達也は「あ~、自分だけずるい!俺だって汗びっしょりなのに~」と、上半身を裸にした。ドキっとした。達也の裸は水泳の時間でも体育の着替えでも見てきた。しかしそれは好きではないかと思い始める前のこと。部活の時の着替えは一瞬のことだから、ほとんど見てはいない。つまり、初めて達也の裸をまじまじと見たのだ。決して鍛えぬかれたイイ体とは言えない。でも、汗で少しテカった上半身は、妙に魅力的だった。ドキドキドキドキ...。鼓動が響く。「どんなんでもいいから、服貸してよ~!」「え!?あ、あ、そうだね。うん、いいよ」達也の言葉で我に返った自分は、自分の服を差し出した。それを着た達也は自分に早くゲームしようと言ってきた。自分のすぐ隣に座りゲームに熱中する達也。ときどき、体が触れ合う。その度に、鼓動が高鳴る。 その時だった、自分がゲイであることに気付いたのは。そして、達也のことを好きだということに気付いたのは...。つづく。

 

悩み相談
彼氏の事... eiko

   付き合い始めてからメールの頻度と文が短くなりました。これってどういう事でしょう?

 

   皆すっげーありがとう。なんか嬉しい。No.1はだいぶ下の方になったので、また新規投稿してほしいとの要望を頂きました。皆さんそう思って下さっているんすかね?もし、また一から読みたいという方は、レス下さいね。それから、毎日投稿しようと思ってるんで、待ち望んでいる方、毎日確認してくれたら嬉しいっすねー。とまあ、こんな話もなんなんで、続きっす。 俺は先輩の乳首から顔を離して、少しの間、チンコをシゴくのに集中していた。両手で大きくシコッて見たり、早く動かしてみたり、またゆるくシコッたりと。先輩が一番感じたのは、先っぽだけをシコる行為だった。先っぽだけを早くシコルと、こしょばいのか、腹がぴくぴくと痙攣しているように動いていた。「あっ、あっ、あっ、あっ・・・・・・。」 リズミカルに先っぽをシコるから、先輩の喘ぎ声も規則正しかった。 三分ぐらい経って、シコるのを止めた。チンコから手を放した。先輩は目を瞑ったまま、俯いていた。俺はチンコに顔を近づける。そして、舌先にぐっと力を入れて、サオの下から上に向かって舐め上げた。「うはぁっ!」 いきなりの感覚だったので、先輩は驚いて小さな悲鳴を上げた。と、同時に一瞬飛び上がっていた。先輩は目を開ける。俺は先輩を見た。先輩は今さっき何が起こったのかわかっていないようだった。 先輩が目を開けているうちに俺はもう一度チンコを舐め上げる。「はっ、あっ!」 また先輩の身体が反応して飛び上がった。「太一、それ、やばい・・・・・・。」 俺は先輩の顔を見て、笑った。そして、先輩のチンコに顔を埋めた。チンコを下から上へ舐め上げる。それを何度も繰り返す。俺は上目で先輩の顔を窺った。先輩は俯いていて、俺の舐めるのを見ていた。その顔といったら、普段はSっけがあって、俺はその餌食となるのがふつうだったけど、こうしてエッチをしている時はMっけが勝っていた。顔を真っ赤にして、捨て犬のような、悲しい顔にも似た表情を浮かべていた。その顔がすっげー刺激されて、チンコが更にギンギンになる。「あぁ、や・・・・・・ヤベッ!・・・・・・っ、んあっ!・・・・・・ちょ・・・・・・。」 チンコを舐め上げる度に先輩は声を上げる。 俺は鈴口を攻めた。舌先に力を入れて、三ミリほど中をチロチロと舐める。「ああー、ちょ、や、やばい・・・・・・っ!」 俺はとうとう先輩のチンコを咥えた。唇にぐっと力を入れて、チンコを圧迫して上下に動かす。「はぁ、はぁ、ああっ!・・・・・・あっ。」 更に下を使って、先っぽを擦ったり、チンコをべっとりと舐めたり、口の中でごもごもと動かす。もう先輩も恥ずかしいという感情はなくなっていたようだった。喘ぎ声はどんどん大きくなっていく。「はぁ、あっ、あっ、んっ、んあっ。」 チンコを咥えて二分ぐらい経った時、先輩がせっぱ詰まる。「あっ、あっ、た、太一、俺、や、やばいよっ!」 それでも俺は頭を上下に動かす。「あっ、あっ、太一、やばい!い、イク、イク・・・・・・!」 俺は答えずにまだ先輩のチンコをシコる。「太一!イク、イク!イクよっ!」 俺は先輩のチンコを口から出して、飛び散ったらいけないから、先輩の身体の方に押し付けた。その瞬間に精子が勢いよく飛び出す。2回、3回、4回・・・・・・。チンコがヒクヒクしながらどんどんと溢れてくる。10回近くヒクついて、精子を出し続けた。先輩の言ったとおり、一週間ほどシコッてないようだ。精子は真っ白で、濃く、ネバネバしていた。 先輩の胸や腹筋、顔にまでニ、三滴飛ばしていた。でも、流れ落ちる事なく、べったりと張り付いている。 先輩は天井を見ていて、腹で呼吸していた。腹筋の付いた腹が上下に動いている。上を向いた時の首筋が、男らしくて俺のチンコがまた反応した。 先輩の射精が終わったのを見計らって、俺はチンコに顔を近づけ、舌で精子をふき取った。「うあっ!」 射精後で、敏感になりすぎたチンコを舐められて、身体が飛び上がった。先輩はすぐに下の俺を見た。けど、何も言おうとはしなかった。 俺はチンコをきれいにして、次にチン毛に絡みついた精子を飲み込む。どんどん上に上がっていって、腹に付いた精子を舐める。乳首に丁度精子がかかっていて、舌先に力を入れて舐めた。すると、案の定「あうっ!」と声を上げた。「お前、精子なんてよく飲めんな。」「先輩、病気とか持ってないっしょ?」 先輩は苦笑した。「いや、持ってないけど、今頃言ってももう飲んでんだから手遅れじゃん。」 俺もそれを聞いて苦笑した。そして、また先輩の胸に顔をうずめる。「・・・・・・精子ってうまいの?」 その質問には答えなかった。その代わりに、胸に付いた精子以降は、飲み込まず、口に溜め込む。首筋をすっと舐めて、頬に付いた精子と、鼻の付け根に付いた精子もふき取る。これで先輩は一応綺麗になった。 俺は精子を口に含んだまま、先輩にジェスチャーを送る。俺の口を指して、次に先輩の口を指す。先輩も意味が分かったようで、しばらく考えていたが、意を決したようで、軽く頷いた。 俺は先輩に近寄って行って、キスした。そして、口に溜めた精子を、先輩の口に流し込む。綺麗に流し終わった後、先輩の表情を見ていた。先輩は何か、固形のものを丸呑みするみたいに身体を使ってごくりと飲んだ。そして、一言。「・・・・・・まずい。」俺はそれを聞いて笑った。「俺もあんまり好きじゃないんすけど、先輩のだから飲んでもいいかなって。」 それを聞いて先輩も笑った。そして、先輩の視線は下に落ちて行き、俺の股間に注目する。そして、笑顔が消えた。「ご、ゴメン。俺だけいってしまって、太一の事何も考えてなかった。」 俺は初めて自分の股間を見た。俺は夏ともあって、青いスポーツ用の膝までのジャージを穿いていた。その前は、我慢汁で大きなシミを作っていた。こんなにも出ていたのかと自分でも驚いた。俺は急に恥ずかしくなって頭をかいた。「いいんっすよ。今日は先輩に本当のエッチってどんなもんか知ってもらうためだけだったから。」 先輩の顔色は変わらなかった。「・・・・・・俺がシコッてやるよ。」「本当はやりたくないくせに。」 俺は意地悪そうな笑顔を作る。俺のチンコに伸ばしかけていた手が止まって、先輩は俯いてしまった。誰だってそうだろう、一回イくと、物凄い脱力感に襲われる。相当タフなヤツじゃないと、続けて二回するのは結構つらい。「ほんっとゴメン。」 俺は逆にあわてた。先輩にここまでやられてはどうしていいか分からない。「いや、ホントにいいんすよ。先輩気を使うのが嫌って言ってたじゃないっすか。だから俺に気を使ってくれなくていいんすよ。それより、楽しかったっすか?」 先輩は顔を上げて、大きく頷いてくれた。「俺の狙いはそれだったんすよ。俺に気を使って、エッチが楽しくないって印象がついたら、先輩もうヤんないっしょ?ここで無理をするよりも、これから先、先輩といっぱいヤりたいなーって思って。・・・・・・やりたい時、誘ってくれますか?」 すると、先輩の顔が明るくなった。「おう。またやってくれんだな?」「あったり前っすよ。」 先輩もそれで納得して、服を着て、また勉強を再開した。夜になって、先輩が泊まっていけよといってくれたので、素直に甘える事にした。先輩が先に風呂に入って、その次に俺がお風呂に入った。そして、12時ごろに就寝する。 俺は先輩に、パンツから寝るときの服、薄いTシャツに短パンまで貸してもらった。俺がベッドの壁際の方で寝かせてもらう事になり、先輩が手前で寝る事になった。電気を消して、寝るモードに入る。十分ぐらい経った後、俺は先輩に話しかける。「先輩、未だに俺が先輩とヤッた事、信じられないんすよね。」「一方的にヤってもらったんだけどな。」先輩は苦笑した。「先輩って本当に男の中でもかっこいいで通ってるんすよ。俺、部活選ぶとき、サッカー部で先輩見たときから好きだった。でも、サッカー部入って、先輩との距離がぐっと縮まって、そんな好きって感情も薄くなって普通に付き合ってたけど、やっぱ好きって感情はずっとあったんすよ。」 すると先輩が口を開いた。「俺、今日太一にやってもらってよー、俺、男でもイけんだなって、太一とならイけんだなって分かった。自分で気付かなかったけど、俺、太一の事、好きみたいだわ。だから、太一にちょっかいかけてたんだなーって今、気付いた。」 俺は言葉にあらわせられないほど、嬉しくて仕方なかった。「それに、俺って童貞だったんだなーって気付いたし。」 先輩は苦笑いをした。 その後も会話は続いた。結局意識がなくなったのは一時を過ぎてからだと思う。先輩が先に寝たのか、それとも俺が先に寝たのか、それは分からなかった。 以上、先輩との最初の関係を終わります!なんとも長かった道のり。いつもレスを楽しみに見てんすよ!皆が何書いてくれてんのか、カーソルを合わせて、クリックする時とかホントにドキドキする。「悪グチかかれてないかなー」って思う時もあって、ホントに、ホントにドキドキなんすよ。今まで読んでくれてありがとう。みんなの感想を聞きたいっす。あっさりしていて、楽しめたのかな?ちょっと不安。ちなみに最初に書くときにも書いたんすけど、ノンフィクションです。って読んで下さる方にはノンフィクションでもフィクションでも関係ないかな。 では、一度、これにて退散させていただきます。

 

   ここで出会った人とずっとメールしてました。その人には彼氏がいました。僕が相談に乗ってもらいたくて頼みました。すごく楽しかった...。相手に彼氏がいることも忘れて甘えた...。何度もやめようと思った。でも相手も優しくしてくれて、甘えて、とかいうからその気にしちゃって...。好きって言ってくれたし...。昨日メールはやめよう的な感じになった...。俺のずっと好きだった人に彼女が出来たばっかでダブルパンチを食らいました...。さっき自分からもやめようって送りました。本当に終わってしまいそうです...。もしこれを読んだらメール欲しいです...。待ってます。

 

   中学生の時に受けた性的なイジメが原因でHするのが怖いです。これって克服すできますかね~?

 

   書くの疲れたからレスがあったら書こうと思っていました!!レスをくれた人ありがとう(^_^)vまた書こうと思いました!!それでは続きです!!電気を消してからオレンジの光を見たまま二人は沈黙をしたままでした...俺は疲れたのか、ぼーっとしていると、眠くなり、うと②してしまいました。。するといきなり何かが入ってきました!!ビックリするとそれはMでした。そう、俺はうと②していたのでMが近付いて来たのがわからなかったのです。M「起きた(笑)」俺「うん...」M「ごめん②あのさぁ...」と言った瞬間あのことについてなんか言われる!!と思いました。M「あのさぁあの時俺は内心ホッとした」と言いました。俺は疑問に思ったので俺「何が...」と聞きました。M「俺もこっち系でさ~(笑)」と軽い感じで言った。俺は何が何だかわからなかったが、しばらくしてようやく理解した。すると、M「前からお前のことで悩んでたんだよ!好きなのに言えずにさっ!」と言われ俺は俺「.........俺も......」としか言い返せなかった!M「なんや~~両思いでよかった~(笑)」なんて軽く言った。まぁMの性格からしてそんなもんだろうと思いました。するといきなりM「付き合わん??」と真剣に目を見て言いました!!俺「だって彼女居るやん。。」と言うとM「お前のこと真剣に考えとるから彼女のこともきっちりケジメつける!!」とあまりにいきなり真剣に言うからOKしてしまった。。そしてキスを迫ってきた。最初は嫌がってみたするとM「ええやん!!もう今は付き合っとるんやから」俺「......」するとMはキスをした。俺は好きな人とキスをするのは、こんなにとろけそうになるなんてと思っていた。次第に、キスは激しくなり舌が入ってきました。俺「うむっ.........ぁぅん...」とごく自然な声が出ていた。。

 

   みなさんは、どこからが遠距離恋愛なんですか?くだらない事ですみませんでした!

 

   俺は大学一年。体育会でテニスしてる。毎日授業もろくに出ずに朝から晩まで一日中練習、そんな日々の中俺はいつも楽しみにしてることがある。毎朝ウォーミングアップでテニスコートの周りを走るのだが、その途中にアメフト部の部室がある。平日はいないんだけど、土日はうちらのウォーミングアップと同じタイミングでアメフト部はストレッチ。うちの学校は中学からの一貫校、俺自身中学からエスカレーター式で大学まであがった。中学の時はテニス部と茶道部に入ってた。そん時茶道部の一個上の先輩に、雄二先輩がいた。とにかくかっこいいんだけど、クールで無口。後輩としてはちょい怖くて話しにくい感じだった。それもあって中学の時はただの先輩と後輩って感じで特になにもなかった。それが大学に入ってウォーミングアップの途中、雄二先輩をアメフト部の中に見つけたのだ。相変わらずというか、先輩はさらに大人っぽくなっていて、ホントにかっこよくなっていた。後で聞いた話だけど、雄二先輩はジャニーズにも何度もスカウトされていたそうだ。俺は雄二先輩のあまりのかっこよさ、そして相変わらずのクールな雰囲気、鋭い目付きに見入ってしまった。もちろんそれだけでも嬉しかったけど、その時俺はある異変に気付いた。俺はランニング中だし、はじめは見間違いかとも思ったけど、雄二先輩の股間がもの凄い勢いで膨れ上がっていたんだ。先輩は地面に座った状態であぐらをかくような形で足のストレッチをしていた。アメフトはパンツを履かずに直接スパッツを履いて、その上に短パンを履く。だから普通にしてたらチンコが勃ってもなかなかモッコリなんて分からないはずだ。それなのに、雄二先輩の短パンの左側は何かを詰めたように膨れあがってた。もちろん一瞬のことだったけど、それからというもの雄二先輩のモッコリが気になってしょうがなかった。毎週末は朝のランニングが楽しみで、雄二先輩を見つけては股間をじっくりと観察しようとしてた。見えない時もよくあったけど、見える時は必ずのように股間は膨れ上がっていた。もしかしたら、雄二先輩ってすげ~巨根なんじゃないか?俺の頭はそのことでいっぱになった。そして、とうとう雄二先輩と話す機会ができた。そして、まさか雄二先輩のもの凄い巨根を見ることができよ~とは、この時の俺には想像もできなかった。

 

   スレ違いだったのでこっちに...。2年間ずっと好きだった人に彼女がいました。卒業式だった昨日、それが発覚しました。相手は後輩だとか...。好きで好きでたまらなくて、でも友達には相談できなくて泣いた夜もありました...。結局想いを伝えられぬまま僕の恋は終わりました。卒アルのコメント欄に好きでしたって冗談ぽく書いたけど無意味でした。書いたのは発覚前で...バカみたいです。僕の想い...受け止めてくれる人を早くみつけ、幸せを手にできたらと思います。>>ゆうやさん。スレ違いでのレスありがとうございます!!そういや俺の小学生での好きな彼は"ゆうや"でした(笑)

 

   オレははと胸(名称はよくゎからないんだけど)とかぃうヤツで、胸と胸の間が少しへこんでるんです;(´_`||)逆にふくらんでる、という人もいるみたいです。前まではそんなに気にしてゎいなかったんですけど、最近なんか気になってきちゃって・・・↓↓↓そぃで、他にもオレと同じような感じの人っていますか?ぁと普通の人はそのことヲどぅ思いますか?

 

  続きが気になります~。急がなくてもいいですが、早く読みたいです!!続々と投稿がされてしまい、元の投稿が下のほうになってしまったので、こちらに返信していただくと読みやすいです、よろしくお願いします。

悩み相談
包茎 たー

   大学2年になるんですけど仮性包茎なんです!手で剥くこともできるし普段の生活で不自由な思いはないんですけど銭湯とか合宿の時にとても恥ずかしいです。どうしたら剥けた常態が維持できますか?

 

   俺はスポーツトレーナーの専門にかよっています。高校や大学の水泳部や陸上部によく仕事頼まれマッサージをしにいきます。前足のマッサージの時よくちんこを触ります。マッサージの流れで触るのでされてる方はたたないよう我慢してる顔をします。若いので大体が半立ち状態になります。あえてそこを刺激したたせます。色んな子のちんこが触れテーピングなどはぬがなくてもいいがあえてやりにくいからといいパンツをぬいでもらいます。以外と高校生より大学生のほうが皮かぶってます。

 

愛の道。愛の地図。 椿
  ここって詩も書いてイイんですね!!俺は中学生してます!まだ詩を始めて間もないのですが、これからここに書き込んでいこうと思ってるんで、よろしくお願いします!早速第1弾!笑!今、思い出と名前を変えたキラキラ光る雫が頬を伝って行きます。楽しい思い出も、悲しい思い出も、嬉しい思い出も、淋しい思い出も、みんな大切です。あなたと歩いた道の証だからです。そしてその雫を全てすくい上げるとあなたと歩いた道の地図ができます。僕は、白い雪がピンクの雪に変わる度にあなたの笑顔や涙や仕草。あなたの全てが頭の中に蘇り、あなたとの道をさかのぼるでしょう。         愛の地図を片手に。感想下さい!!アドバイスも欲しいです!お願いします!

悩み相談
好きな人 宏紀

   今俺にわ彼女がぃるんです。でも仲のぃぃ友達のことが最近気になってるんです。友達にわ俺がバィだってことわ知らないし友達も普通にノンケだと思ぃます。彼女のことも好きだしその友達のことも好きなんです。友達に気持ちぉ伝えたぃんですけど嫌われたら嫌だしどぅしたらぃぃんでしょぅか↓??

 

   実は俺、こっち系だと言う勇気がなかったんだけど......この前の修学旅行で仲のいい友達に言ってしまった。。文章へたなんで読みにくかったらごめんなさい。俺は高2、言った相手はサッカー部のキャプテン。皆から見たらかっこよくはないが、俺は好きなタイプ。明るくいつも二人はムードメーカーだった!俺たちの修学旅行はスキーだと決まっている。毎年スキーと決まっているからだ!!俺はスキーなんか何回も行っているからあまり行きたくなかった。修学旅行の部屋を決めるとき二人部屋しかあまってなかった。だからM「そいつのイニシャル」と一緒にその部屋に決めた。一年から一緒のクラスで凄く仲がよかった。だからまぁ行ってもいいかなぁと思った。。だがそれが運命を左右することとなるとは思わなかった。。

 

   まえ話したスキなトモダチにたいして独占欲?が強くなってきてしまっています。トモダチが飲みに行くときも『誰と?』とか『どこに?』とか聞いちゃう自分がいます(>_

 

   実話です。――――『...M君!?』このサイトを通じて出会ったメル友と会う約束をして、この日、人気のない公園でその彼をしばらく待っていた。――――『...トシ君...?』遠くからの彼のシルエットは服装だけが伺えて、パーカーにジーパンと至って普通の格好、スニーカーは俺も知っている少し高めのナイキのハイカット。段々彼が近づいてきて顔の様子がゎかってきた。しかしどこかで見た顔だ。『M君!?』それは同じクラスのM君だった。M君と俺の紹介をするとM君は、身長170、体重58といった感じで、爽やかな顔だ。決して髪型やは今風とは言えないが、俺からすればM君は別に『有り』だった。クラスでは落ち着いていて、俺とは気が合わないなと思っていたが、M君と仲の良い友達とは明るくて、笑顔が可愛い印象がある。噂では超賢いらしい。俺はと言うと、182の69で帰宅部、顔は悪くないと思ってるし、それなりに彼氏も彼女もいて、やることはやってきた。クラスではムードメーカーかな?自分で言うのもなんだがテンション超高めだった。(笑)勉強なんて全くできなぃ。(>д<;)クラスでは一言も会話はなかったが、こんな形で会話できるとは思ってなかった。『M君こっちの子ゃったんや!?』『...ぅ、ん...。』『...俺でいい?』『え、うん!もちろん!』『緊張してるとか?』『なんか...うん...。まさかトシくんだとは思ってなかったから...。』

 

恋愛話
Your smile 海

   気づぃた時にゎ、もぅぁの頃ヵラ、3つの季節が過ぎて、君のはく白ぃ息が冬を告げてぃた。季節ゎ春。『ゃべっ!!遅刻!!』俺ゎ都内のT高校に通ぅ高校2年生だ。今日も相変ゎらず寝坊。ぃつもの事ながら、自分に腹が立つ。俺ゎ大急ぎでブレザーを羽織り腰ギリギリまでズボンを下げ、洗面所へ行き、金髪に近ぃ茶髪の髪にヮックスをつヶる。髪型を決め、ネックレスゃらピァスゃらをぢゃらぢゃら着けて、ローファーのヵヵとを踏み潰して学校へと向ヵぅ。         『ょっ!!海!!今日も遅刻ギリギリだな!!』『ぅるせっ!』こぃつゎ広。クラスがぃっしょになってヵラ仲良くなったふざけ仲間。 『ぉ前ゎなんでそぅぃつも遅刻なんだょ!!』ぅざぃ一言をヵまされた。『ぅるせっ!!低血圧なんだょ!!』『はぃはぃ!笑』たまに広ゎ何でも知り尽くしてるょぅな笑顔を見せる。その笑顔が俺の心をさらってゅく事になるなんてぁの頃にもし気づけてぃたなら、こんな辛ぃ想ぃする事も無ヵったの??ぃゃ、どっちにしても2人ゎ、ぉ互ぃを愛してしまぅ事になってたょね??続きょみたぃ人ぃたら書きます。ちなみに実話です。

 

   こんばんは☆僕はタバコを一回も吸ったことのない者です☆彼氏はタバコを吸うんですけど、レストランとか密室のところでは吸わないでくれます☆でも、友達とかにもそれを強要しても平気なんでしょうか...☆仲良しの友達とかは率先して吸わないでくれます(カラオケとかでね)本当に煙がいやで、煙いと長い時間そこには居たくない感じです。タバコを吸わない皆さんはどうしてますか?それと、喫煙者のみなさんはなんて断られたりしたら腹立たないですか?「こっちに煙はかないで?」とかっていわれると腹がたちますか?では、よろしくお願いします。

 

Hな話
露出 ryuu

   僕は今露出にはまってます。こないだのビックリした出来事を書きます。いつも塾に行く前にやっていました。大きな道から少し横にはいった裏路地っぽいところでマンションの駐車場の隅で服を全部脱ぎ全裸で道に出ます。道の真中よりすこし右よりに陣取ってM字開脚してアナルに指をいれてオナニーをします。声を大にして一人喘ぎます。そこの道の先には塾が数個あって学生なども通ります。学生や通る人たちが急いで通りすぎたり、まじまじと見ていったりするとすごく興奮します。周りの塾には友達もいたんで顔を見て見せても大丈夫かを確認してたんですけどあの日だけは忘れてたんです。いつものように喘いでいると学生がきました。僕が目をつむってアナルをいじっていると「あれっ!ryuuじゃない」と声をかけられ僕があせって目を開けるとそこにH先輩がいました。

 

   オレは今すっごい落ちてます。。。彼氏もいないし、友達はいるけどすっごい仲いいわけでもないし。親とも何度も対立してしまいます。悪いことばっかで。信じられる人がいないんです。今みたいに落ちてる時に、誰のところに、どこに行っていいのかもわからない。誰に話していいのかもわからない。オレはいつも一人なんです。思いたくもないのに「死にたい」って何度も思います。オレはどうしたらいいのでしょうか...

 

     4.ヶ月くらいの話です。  俺は現役高2.です。クラスってか、俺は先生とか年上からかなり人気がありました。自分では、あんま顔よくないって思うんですけど年上の人からは、綺麗な子とかフランス人形とか言われました。      で俺には、彼女がいました。年上です。めちゃ幸せでした。でもある日、体育の授業で俺は、サッカーしてる途中捻挫したんです。めっちゃいたくて。でグランドの隅から試合してんの見ると、体育の先生から、「怪我見せて。」 って言われてみせました。 最初は何も思いませんでした。先生には彼女がいるらしいのです。  俺は、怪我が重なって、そのたびにみてくれました。しかし、先生は見る度に「お前の綺麗な足に傷がつく。」とか「一段と綺麗だね。」とかを連呼するんです。  しまいには、俺に話しかけるときすごく顔をあからめながらくだらないことをいいます。  俺は悪寒がはしりました。  丁度そのとき相談できる卒業生がいて(憧れの先輩)相談しました。彼はすごく親身に聞いてくれるのです。もちろん彼女に相談したけど適当でした。  彼はその話で会いたいといいました。もちろん信用できるので了解しました。

 

   唇が近づき瞳を閉じる。このまま死ねると思ぅホドに世界が止まった。この幸せを奪ゎれる日ゎ来る???もし来るのならばぃっその事ぁなたを殺してしまぉぅ。そして私も死んでしまぉぅ。     ぁなたへと密ヵに想ぃを寄せてる誰ヵがぁなたを奪ぃ去ってしまぅ日が来るのなら。2人で空へのぼってしまぉぅ。ぁなたの最後の人になれるょぅに。そして『私がぁなたの瞳に映った最後の景色でぁりますょぅに』と願ぃを込めて。独特な感じですがょヵったら感想ぉ願ぃします。中傷な方ゎ遠慮します!!

 

    みなさんにお伺いしたいことがあります。実際にゲイの方はどのくらい一般社会に溶け込んでいるのでしょうか?おそらく大半の方はご自分のセクシュアリティについては秘密にして暮らしているとは思うのですが、そういう方は一体どれくらい自分の周りにいるのかなぁと疑問に思いまして・・・。以外にも一つの高校や大学でもゲイの人って多いんでしょうかね??

 

  俺の友達にすげぇ腹筋男がいる。もちろん腹筋以外の筋肉もヤバイんだけど、とにかく腹筋が目立つ!!横から見ると膨らんだ胸筋よりも更に前に腹筋が出ている...マジで大根おろせそうだ。そんな腹筋男だが、欠点がある。それは短気なこと。キレたら周囲の人間はボコボコにされてしまう。(俺には手を出さないが。)コイツは一見小柄だから鋼の肉体に気付かずに喧嘩を売る馬鹿も多い。(腹筋男の目つきが悪いせいだろうが。)だから俺も腹筋男と街を歩く時はびくびくしている。もちろん喧嘩売られることではなく、腹筋男が大暴れしないかについてだ。そして事件が起きた...その日はいつもより腹筋男の虫の居所が悪かったらしく...

 

   今日外に出掛けて、買い物してたら、回りの人たちが、あの子、女の子?的な事を言ってる話声が聞こえて来ました↓これってどういう意味で言ってるんでしょうか?みなさんは言われた事ありますか?何かショックです。

 

   レスが物凄いですね...(汗) 何か自作自演に見えます。実際の読者は続きを楽しみにしながらじっと待ってる人が多いのでは? 皆で共有している掲示板が感想で埋め尽くされているこの状況は、ちょっと変です。 気に障ったらすみません。

 

   ドラマ「指先でつむぐ愛」を見て 思ったただ 側にいるだけでいいその人の存在自体を 重要と思えるそんな無償の愛を貰いたいそして与えたいな って

 

   パソコンでムービー見てたらウイルスにやられた!だれか対処方法教えてくださーい(ToT)

 

    ツリーを改め、☆マーク。いよいよ先輩とのエッチな関係に辿り着きます!なんとも長かった序章が。楽しんでくれたら幸いっす。では・・・・・・ 夏休みも半分が過ぎた。今までみっちりと練習の毎日だった。朝早くから夕方まで三年生の居ない、二年と一年だけで運営していた。毎日休みもなく練習していたのは、夏休みの中頃に大きな試合があるからだ。それを目指してみんな一生懸命活動していた。 で、その成果も見事報われ、試合は俺たちの勝利で幕を閉じる。 その試合が終わると、サッカー部の夏休み。ほんの一週間程度の夏休みが訪れるのだ。その間にたまりに溜まった宿題の山を片付けるのである。クラブをやっていると、帰った後、絶対に宿題をやる気にはなれないのだ。 俺は当然、明日から部活が一週間ほど休みだと先輩にメールで、試合の終わった日に、家に帰る途中で送った。返事はすぐに返ってきた。「おぉ~、お疲れさん。じゃあ明日早速くるか?」 メールの内容である。俺はすぐに「はい。」と送った。「じゃあ溜まった宿題タンマリ持って来いよ。勉強道具も忘れんなよ。」 その後もたわいの無いメールのやりとりは続いて今日は終わった。  午後1時。俺は飛び起きた。先輩と待ち合わせの時間は2時。しかも先輩の最寄の駅で待ち合わせだ。俺は起こしてくれなかった親にぶつぶつと文句を言いながら大急ぎで支度を整えた。 俺の最寄の駅に着いたのは、1時30分。間に合うはずがない。 俺は電車に乗り込んだ後、すぐに携帯を探したけど、ポケットにもカバンにもない。家に忘れたのか、それともカバンの奥底に眠っているのか。とにかく気が動転していて、じっくりと探す事さえしなかった。 先輩の最寄の駅に着いたのは、2時30分。電車に乗ったのが1時45分だった。先輩の最寄り駅は簡素で小さく、ホームからも外の道路を窺える。そこには俺の姿を発見した先輩が腕を組んで眉間にしわを寄せていた。 俺は改札を通って外へ。すると、すぐさま先輩が飛び掛ってきて、俺の首を絞めた。「お前~、30分も遅刻しやがって~。」 そう言いながら頭の天辺をぐりぐりされる。「苦しい。痛い。ごめんなさい。昨日寝んのが遅くなって。」 俺は先輩に首を絞められた(肩に手をまわされた)まま先輩の誘導で、先輩の家へと向かう。腕がきっちりと首に巻かれていて、気管を狭められ、息苦しかった。「先輩、苦しいっすよ・・・・・・。」「当たり前っしょ。苦しくしてんだから。」 先輩の意地悪な笑顔を久しぶりに見た。そう言われてしまってはもう反論なんてできない。俺は早い呼吸で、気管が縮まった分を補おうとした。先輩の家に着くまでそれが続いた。 先輩の家に着き、中に入り、二階の先輩の部屋へと入る。そのときにようやく開放された。先輩の家は普通の住宅街(けっこう新しい家が立ち並ぶ。洋式風)の一角にあった。先輩の部屋は正方形で、入ってきたドア(ドアは一枚しかないが。)と反対の壁にベッドが置かれ、足元には、腰より少し高めのタンスが置いてあった。右側はクローゼット、左には本棚の上にコンポ。そして、部屋の中央にはおしゃれなテーブルがある。一人でちょうどいい大きさだが、二人ともなると狭く感じられる。 俺はベッドの方を背に、つまり、部屋の奥に腰掛けた。先輩は俺と向かい合って、一つのテーブルを挟んで座る。「さっ、始めるぞぉーー!」 先輩が面白おかしく意気込む。俺はそのノリに合わせて「オーー。」と言った後、もくもくと勉強を開始した。始めにやり始めたのは、やはり数学。先輩は俺に合わせてくれたのか、数学の受験勉強を始める。俺の鉛筆が止まると、すぐにノートに伏せた顔をあげ、「どこだ?」と聞いてきてくれた。これじゃあ先輩の勉強などちっともはかどらない。俺はわからなさすぎて自分にもいらだったし、申し訳ないと感じた。それでも勉強は続く。先輩は丁寧すぎるほど丁寧に教えてくれる。この説明じゃあどんなに頭がからっぽのヤツでも一発で理解できる。「ごめんなさい。先輩の勉強はかどらないっしょ?」「それが結構役立ってんのよ。こうして一年の見てみると、結構、アレ?って止まってしまう問題があるんだよ。だから、俺のためにもなってるって事。」先輩は笑ってくれた。たしかにそうかもしれないが、俺に気を使って言ってくれているのは百も承知。もう申し訳ないと思うのが申し訳ないと思って、発想を百八十度転換、なんてありがたい人なんだ。と思うようにした。 勉強を二時間と少し経った時、先輩が手を休めずに言った。「太一、彼女とか居んの?」 俺も手を休めずあっさりと答える。「今いないんすよー。」 すると、先輩が顔をあげて「じゃあ今、アレ?」 と聞いてきた。アレとはサッカー部で蔓延している言葉である。つまりオナニーの事。一人でシコッてるのか聞いてきた。サッカー部はやんちゃなヤツも多くて、部室ではこんな会話が普通に行われている。多分どこのクラブでもそうだろうが。先輩は自分からこんな下ネタをふる人ではなくて、振られたらフザけて返す、というような人だったから、先輩からそんな話をされて、少し驚いたけど、すぐに笑って答えた。「今はそうっすねー。いや、でも最近、シコッてもないっすけど。」 俺はちょっと恥ずかしくなって頭をかいた。先輩はどんどんつっこんでくる。「何日ぐらい?」「・・・・・・一週間ぐらいかなー。練習がきつかったもんで、家に帰ったら風呂入ってすぐ寝るんすよねー。そういう先輩はどーなんすか?」「俺も最近はしてねぇよ。これでもガリベンだからそんなのしてる暇ねぇの。」「ガリベン?そんな先輩にかぎってぇ~。」 俺は先輩をからかった。先輩も声を出して笑ってくれる。「先輩、彼女は?」「俺、今フリー。だからシコッてるんじゃないか。彼女いたらそんな事しねぇよ。」「確かに・・・・・・。」「今まで彼女何人できた?」 俺はぎくっとなった。俺は女とも男ともエッチの経験があった。でも、ここで問われているのは何人と付き合ってきたかと聞かれている事にすぐに気付いた。男とはやっただけで、付き合ってはなかったからだ。「ニ人、っすね。」 そういうと、先輩は少し間を置いた後、いつもの意地悪そうな笑顔でいう。「もしかして、童貞クン?」 その質問にはピキッときた。俺は身を乗り出して反論する。「もう経験ぐらいしたっすよ!後に付き合った彼女と三回ほど。」 と、その時、先輩の後ろのドアにノックが入った。と、同時に先輩のお母さんが顔を出す。「聖次、行って来るから。留守番よろしく。」「ああ。」 そういった後、お母さんは俺に軽く会釈してドアを閉めた。 先輩の話によると、父親は単身赴任でただいま北海道へ行っているそうだ。母親は母親で、夕方から朝方まで食品工場に働きに行っているとの事だ。先輩も普通に大人なんだし、今こそ働けるチャンスとばかりに共働きをしているそうである。(先輩には姉がいるそうだが、もう立派な成人女性で、仕事にも就き、現在一人暮らし中。) 俺はあの会話を先輩の母親に聞かれたのではと、顔を赤くした。それを見た先輩は意地悪そうにニヤニヤと笑う。

 

   今、好きな人がいるのですが、その人のことを忘れたい(好きな感情をなくす)と思っています。その人のことを好きでいると、自分の将来のためによくないと思います。好きな人を忘れる(好きという感情をなくす)方法ってないですか?宜しくおねがいします。

 

   僕が中二の時だった。僕は初めて恋をした。ひとつ上の先輩で、名前は鈴木寛。僕が男の人を好きになったきかっけなんてのはなくて、もの心ついた時から自然に性の対象は男の人になっていた。先輩とは家が近くて小学校もいっしょなんだけど、先輩との面識なんていっさいなくて、会話もしたことなかった。ただ、この年の運動会で、同じ赤組になったのが僕らのはじまりになった。

 

   ノンケにはまっちゃってます..出会い系でひっかけてあそんじゃってます(≧ヘ≦)ノンケはいいけど恋愛関係にはやっぱなれないんですょねぇ(≧ヘ≦)最近ノンケしか好きになれないけど、ノンケとの付き合った経験ある人いますかあ

 

悩み相談
悩み 丸

  みなさんのチンコって真っ直ぐですか??俺のちょっと左に寄ってるんすけど。。。やっぱ普通じゃないかな??

 

   僕は今大学生で僕の親友は仕事していて今は滅多に会わなくなったんだけどその親友との話をしたいと思います。文章が下手だけど読んでもらえるとうれしいです!あんまりエロくないかもしれないけど(笑)僕と親友のNが知り合ったのは、小学校3年の時だった。そのとき僕は人見知りが激しくて友達があんまりいなくてよくクラスの男子からからかわれていたりしてさらにエスカレートして僕はいじめにあっていた。そして僕をいじめていたグループにNがいたんです。ごめんなさいこの時点ではまだ全然エロくないですよね。

 

悩み相談
ドラッグ... H

   ついさっきあった事を話します...サイトで知り合った人とあってその人の家に行ったんです!暗くてよく分からなかったのですが明らかに30位の人でした...写メとは全く違う人でした...やっぱりそういう人いるんですか?後、ここからが悩んでる所なんですがその人にドラッグを飲まされてしまったんです...断ってたんですけど2時間位たって飲み物が出されたので最後まで飲んだら「それにドラッグいれたから一緒に気持ちよくなろ」って言ってきたんです...すぐに僕は帰りました...その人の話だとオナニーするときとかに使うらしいですが...本当に体には影響ないんでしょうか?誰かアドバイス下さい...今も体に変調あるんで...飲まされた僕が悪いんですか...わかりづらい文章で本当にすいません...

 

   僕は気持ちいいと言うよりとても痛かったです。先輩の指が入ったり出たりして中の壁を擦りました。僕「ぅんっ・・先輩・・・指抜いて・・ください。」k「大丈夫すぐ良くなるから」その時は痛い方が勝っていて1本から2本に増えた指を耐えるしかありませんでした。痛がっていると先輩が優しくキスをしてくれました。k「もうすこし我慢しててね」僕「んっ・・・」先輩の指が中を優しく掻きまわすような動きに変わりました。30分くらいするとすこしなれてきて気持ちいいかなぁ~なんて思えてきました。k「気持ちよくなってきただろぉ」先輩に見透かされたみたいなきがして恥ずかしくなりました。僕がはぁ~はぁ~悶えていると先輩は指を抜き取りました。気持ちよくなってきたのにと思っていると新たな痛みと快感が襲ってきました。中に入ってきた物は指とは大きさが全然ちがいのにより熱かったです。僕「せん・・・ぱ・・い」後ろを向くと先輩のものが僕のなかに入っていました。先輩はなにも言わずに腰を振り始めました。僕「せん・・あっ・・んっぱい」中を突く度に中が擦れて声が漏れました。先輩はまだ黙ったまま腰を振り乳首と耳を舐めてきました。僕「あぁっ・・んぁあっ・・あぁっ」クチュクチュと音を立て腰を振る動作がいっそう激しくなりました。僕「んぁあっ・・・せんぱっ・・い・・出る」僕は先輩に突かれながら果ててしまいました。僕が射精しても先輩は止まらず短く「イクっ」とだけいって僕の中に白濁した熱い体液を出しました。その一瞬少しビクッと体が震えました。

 

   今日、新しいバイト先に研修に行ってきたんだけど、超タイプなやつがいた(>_<)  その店オープニングだからわりとすんなり話出来たし! 明日も研修あるから、また一緒だったらいいなぁ・・・(;_;) 何かこーゆー経験てみんなしてるんだろうなぁ(^O^)   なんか違うヤル気が出てくるよね!

   俺バイで、今彼女がいます。でも、最近は女の子が好きになれません。最近は、わざとウソをついて会わなかったり。でも、この前、会わないことでケンカになっちゃって...もう俺はその女の子とは別れたいと思ってて、でもその子すごい寂しがり屋で、別れるときにちゃんとした理由言わないと納得してくれない気がするんです。自分が男が好きだということをきちんと言うべきでしょうか。真剣に悩んでいます。だれか相談にのってください。

 

   僕はW中学に通う中2.です。昨日2泊3.日の修学旅行(スキー教室)から帰って来ました。その修学旅行ではぼくの好きなs竜二君を見る機会がたくさんありました。通常ではクラスも違い別の棟の教室なので見る機会も少ないのですが修学旅行では集会の時にすれ違ったり、リフトの上から見たりいろんな機会がありました。気が付くと目で追っていてでもsくんは「混浴がいい」とか言ってるあたりからゲイではないように思えます。今までにありえないくらい好きになってます。この気持ちは伝えたほうがいいのでしょうか?でもフラれるのが怖いです。だれか意見を聞かせてください。

 

   好きな人がいます☆彼もオレが好きらしく、両思いです♪でもオレには悪い癖(?)があります。好きな人に夢中になってしまうとオレをもっとみてほしくなって、ついいっぱいMail送ってしまったり「好き」を連発してしまいます。以前学校の友達に「お前一途で努力家だけど、タマニしつこいところあるよな」って言われちゃいました(T-T)彼にもしつこく思われていないか心配ですオレはかなり失敗したことがあって、少々なら解決策は考えれるのですが...ぜひ軽くて良いので、アドバイス聞かせてください

 

   あんまりエロくない。一人での話。しばらく運動してなかったからか、走りたいという衝動にかられた。夜中12時半をすぎていたが、おかまいなし。すぐに着替えて、かるくアップし、走りはじめる。冬の夜は冷たく澄んでいて気持ちいい。10分ぐらいして、近所の高校が見えた。俺がいっている学校だ。主にバスケ部が外周で使うコースを走っていた。そして、学校の前まで来てしまった。夜の学校はこれまた不気味で、俺の好奇心を震わせた。......侵入。以前から気になっていた野球部の部室にいってみた。校舎の扉にはセコムがきいていたが、少し離れた野球部の部室は無防備。扉はフェンスでできており、なかは丸見え。上着とベルトがいくつも釣り下がっている。フェンスごしに上着の匂いを嗅いでみた。若干ではあるが、汗の匂いがする。興奮してきた。扉に手をかけ、高まる鼓動を抑えながらあけてみる。...ガチャッなんとも見えにくいところに鍵がかかっていた。抑えなくても自然におさまる鼓動。。。南京錠でさらにがっくり。あきらめられない俺はもう一つの扉のほうにいってみる。...番号式、しかも三桁。いける。。やってみた。...暗すぎて番号がわからず、10分ねばったがむりだった。仕方なく扉をあとにする。わずかな期待を胸に、部室のまわりをさぐってみる。コンクリートで建てられており、四方八方なにもなく完全に独立している。そして、うえの方に小さな窓。一つに手をかけてみた。...ガラガラッ開いたっ!!鼓動は自然に高まる。やばい。入れる。窓を全開にし、飛び入った。冷蔵庫らしきものに手をかけ、足を入れようとしたが、それには窓が小さすぎた。しかし、あきらめない。頭から落ちるかと思うほど体を入れ、最後に膝~足を入れ、、部室に侵入。暗くてほとんど見えない。電気のスイッチもわからない。手探りで進む。たたみ一畳ほどの小部屋のようだ。ドアノブを見つけた。あけた。...上着がずらっと並んでいる。すぐさま顔を押しあてる。いい匂いだ。紺色に袖が白色で、左胸には学校名。ほぼすべての上着の匂いを嗅ぎ、あたりを物色。棚のうえに段ボール箱を発見、白い生地と青い生地がみえる。月明かりでなんとかみえるぐらいだが、おそらくその色に間違いない。段ボール箱をおろしてみた。ユニフォーム一式があった。スラパン(?)もある。来てみるほかないっ!スラパンの匂いを嗅ぎ、素裸になってからじかに穿く。紺色のアンダーウェア(?)を着て、学校名が大きく印刷された白いユニフォームを着る。ズボンを穿き、あたりに釣り下がったベルトの一つを拝借し、これまた釣り下がった上着の一つを拝借。床に転がっていたスパイクに穿きかえた。 完璧だ。砂が散らばっている床に寝そべり、チャックの間からかたくなった息子を取出し、オナニー開始。やばい、こんなに興奮したのは初めてだ。すぐにでもイキそうだった。しかし、ユニフォームに液がとんだらまずい。立ち上がってごみ箱のうえでオナニー再開。5秒でイッた。マヂでやばい。もっとしたい。辺りを再度物色。手袋(バッターがつけてるやつ)発見。装着。オナニー第二回戦。マヂで気持ちいい。中断し、釣り下がっていた上着を何着か床に敷き、その上に寝転んである一着の袖を口に加えて再開。イクぎりぎりまでやり、何度もやめ、何度も再開し、ついに我慢できずに立ち上がってごみ箱のうえでイッた。しばらく余韻に浸り、すぐにあたりを再度物色。もし使っていなさそうなものがあればいただこうと思うも、暗いためにそれは不可能。こんなにいい思いができたんだ、欲張るのはやめよう。自分に言い聞かせて、着替えてすべてをもとにもどし、上着に別れを告げる。ごみ箱の液は...中のゴミについていたので見えないように中身のそこの方のものをひっぱりだしてうえにかぶせた。名残惜しいが、入ってきた窓から(足から)出て、その場をあとにした。もう一度行きたいな(笑) 感想あればお願いします。兵庫県高校2年より

 

   抱きついても抵抗しない・カワイイって言ってくれる・お前が女だったなら...とか言ってくれる相手は...少しは可能性あると思いますか??

 

   なんか僕のちんちんって人より黒っぽい感じなんですけどこれ治すてか元に戻すことってできないんですかねぇ?(´・ω・`) んで何で黒くなるもんなんですかぁ?誰か教えてください(○´Д`○)ノ~~

 

   オイラが気に入っている22歳の後輩と、会社の近くのファミレスにチャリで2人乗り(オイラが立ち、こいでた。後輩はサドルに座ってた)で行った時、オイラのケツと後輩の股間が上下に擦れていた。10分位喋りながら乗ってると、何かケツに異物感が...気付いて無い振りをしながらも、意識はケツに集中!!...硬くなってる?そう思いながらさらにチャリのスピードを上げて行くと、「スピード速すぎや~っ!」って言うので少しスピードを落とした。店に着いて、駐輪場から店に入るとき、確実に前かがみ(*^_^*)今はその店のトイレでコレを打ってます...帰りもチャリで帰るので、もう一度やってみようと思います。乱雑文ですみませんでしたぁm(_ _)m

 

悩み相談
ちんぽ ひろ

   高校1年なんですが、おれ、ちんぽが小さい気がします。高校生くらいの人って、勃起したとき、何センチくらいなんですか?真剣に悩んでます

 

   この前、埼玉市内の温泉に行った時に中学生ぐらいの子がサウナでボッキしていたので、見ていたら恥ずかしそうに出ていき水プロに入りボッキしたちんこを押さえていた。俺は声をかけようと思ったけど、タイミングをずれて話ができなかったけど、今度会うときはその子のちんこをトイレに連れていき舐めるつもり。また、来るといいけど

 

   ォラゎもうすぐで㊥学を卒業します!!ずっと好きだった人(同じ部活だった人)Aには気持も伝えられず,来週にはもぅ卒業です。思いが伝えられなかったのは前にAと喧嘩をしたきり,たまに目は合うものの,話はできませんでした。クラスも遠く頑張って話かけようとしても無理でした。来週の卒業式もきっとこのまま終ってしまう事でしょう...。でも諦めきれなくて...。きっとこのまま学校が終わったら,ただ後悔するだけだと思います!!!!誰か助けて下さい!!まぢ辛いんで,こんな経験㈲る人も無い人もアドバイスよろしくお願いしますm(_ _)m

 

   前に、書き込んだTです。昨日、その彼に、確かめました・・・同性愛について・・・そしたら、「いいんじゃないの~」っと言う言葉が出てて来て嬉しかったです。そして、家に帰宅してまた彼にメールのやり取りをしていたんですけど・・・そのとき、自分の気持ちを伝えることを決めて、思い切って告白をしてみたら、「いいよ」みたいな返事が返ってきたんですけど、でも、その彼は、やっぱり彼女の方が一番好きらしく・・・俺が「俺のこと愛してる?それとも親友?」っと聞いたら、その彼は「愛は3割、親友が7割」っと返事が返ってきて・・・ちょっと複雑な気持ちです。すいません・・・文章へたくそで・・・。

 

   良かったら私とデートしてください。真剣な人待ってます

 

   整形した人いる?いたら色々教えてくれない?ブサイクってわけではないんだけど、かっこよくなりたいってすごく思ってて誰か助けてほしいです。

 

   俺の友達でアメフト(アメリカンフットボール)をやってるKって奴がいてそいつとの話です。Kは背が高くて爽やかスポーツマンって感じでアメフト部に入っていました。俺は背が小さくていつも同級生や先輩には弟扱いされて、部活は陸上部で長距離をやってました。背が高いKにちょっと憧れていました。Kとは高校の時、知り合いました。初めはかっこいい奴だな~って思ってて、だけどこんなチビな奴には話し掛けてくれないよなといった感じでした。恥ずかしくて自分からKに話しかけることもできませんでした。でも、ある時席が隣になりKと話すきっかけができました。Kは見た目どおり爽やかな性格で、それでいてやんちゃなガキっぽいところもあって、どんどん好きになっていきました。Kとはメールもするようになり何度か一緒に遊んだりもして、クラスの中では一番仲のいい友達になりました。ある日、部活が終わって教室に忘れ物したことに気付き一人で取りに行く途中、偶然Kに会いました。Kは「お前も部活終わったとこ?一緒に帰ろう」と言いました。Kは部活の人たちといたので俺が断ると、今日はお前と帰りたいと言い俺についてきました。俺は教室に忘れ物を取りに行くというと、Kも一緒に行くと言いました。二人で夜の教室に向かいました。教室に着き忘れ物を取って帰ろうとすると、Kは「夜の教室ってなんか不思議だな~。夜間学校みたいだな!ちょっと話そう」と言ってきました。俺はちょっと期待しつついいよと言い、Kと世間話を始めました。夜の学校で、二人っきりになれるチャンスは滅多にないと思い、色々と考えて、どうにか下ネタにっもっていこうとしてると、Kから「お前ってチンコでかいか?」と聞かれてドキっとしました。普通かなと答えるとKが見せてと言ってきました。俺は冗談だと思いKが見せるならと言うと、Kはいいよと答えました。俺は戸惑ってなんて言えばわからなくなってると、Kは「汗かいたしシャワー浴び行こう。この時間なら誰もいないしさ」と言ってきたので俺は頷いてKについていきました・・・

 

   ついに話しかけちゃいました☆でも、それは客層と客数の話だったんですよ。。次につなげるにはどーしたらイイんでしょーか?てか、その子がいつバイト入ってるかわかんないから困ります↓↓

   僕だけなのかなと思うんだけど、性的対象は女性なんだけど付き合って行きたい相手は男の方がいいんです。僕には今大好きな男性がいるんですが、Hのときは女性を想像したり普通のビデオを見てないと体が反応しないんです。だからHになると嫌悪感や相手に対して罪悪感を抱いたりで、男とのHはまじで苦痛なんです。でもすごくその人の事は好きだし、相手にも同じように僕自身を想っていてもらいたい。好きな男性とはHの関係はあるんだけど、その人は真面目に僕と付き合いたいと思ってるし僕もその人とはずっと一緒にいたい。その人を性的にも受けいられるように、ゲイVとか見てゲイになりたいと訓練はしてるんだけど引くばっかりで男との性的関係は興味が持てない・・・今まではHは女性で恋人は男といった二股的な付き合いしか出来ず、最悪だけど自分の都合でしか考えていなかったから本気で好きなのに相手を傷つけてばかりいた。過去の経験を繰り返したくなかったし、僕が想ってる男性を傷つけたくないから嫌われるようにしていたけど相手の想いの強さにどう応えるべきか悩んでます。もしみなさんの好きになった相手が僕のような性癖でも受けいられますか?それか僕と同じような性癖から克服した方はいませんか?

 

   俺は大学三年。うちの近くにいとこのゆうた(仮)が住んでいて、俺たちはたまに一緒にオナニーする。ゆうたは小学生の時に包茎の手術をしたため、ズルムケでで巨根だ。俺よりもでかい。オナニーを教えてやったのも俺だ。たまにフェラもしてやる。口に入りきらないくらいデカイ。エロ本やオナホールもやらせてみた。またやりたい

悩み相談
義父に... Y

   母親が一年前再婚しました。母子家庭で母が苦労していたのは知っていたし俺はこの結婚が本当に嬉しかった。一年が経ったこの前、母が仕事でいない日酔った義父が部屋に入ってきてからんできたと思うと突然俺をベッドに押しつけ何かを叫びながら無理矢理俺の服を脱がし義父に無理矢理犯されました。その時義父が最初っから俺目当てで母と結婚した事を知りました。今母のお腹には子供もいます。警察に言ったら俺は楽になるかもですが母はその事実に耐えられないと思う。母を不幸にしたい訳じゃない。俺はどうするべきなのでしょうか...

 

   去年の夏の話ですが...。営業外回り中の事です。途中ちょっと大きめの公園でタバコを吸ってた所、イケメン高校生を見つけました。オシャレでめちゃカワイイ感じでした。俺の目の前を過ぎる時、めちゃ目が合って彼はそのままトイレに入っていきました。そのトイレは公園の一番奥にあり、めったに人が来ないような場所にありました。俺はかすかな期待を込めてすぐ後にトイレに行きました。俺は彼のすぐ横に立ってチンコを覗きました。覗くと言うか横を見ただけで彼のチンコが丸見えでした。不自然なくらい便器から離れてました。カワイイ顔からは想像も出来ないズルムケデカチンでした。でも色は肌色のキレイなチンコでした。デカチンからジョボジョボ勢いよくションベンが出る音がいやらしいくらいに。カワイイ顔の制服姿からデカチンが出てる姿はたまらんかったです。俺も隣りでチンコを出すと明らかに彼は俺のチンコを見てました。俺は確かめるように彼にチンコを見せつけました。俺も結構デカチンて言われるけど彼のを見て半ダチだったので更にデカチンに見えたかもしれません。彼はオシッコが終わったら執拗にブルブル竿を振ってました。デカチンが上下左右にブルンブルン揺れてるのを見て俺は勃起しちゃいました。すると彼は俺のチンコを見ながら自分のチンコをシゴキはじめたんです。数回シゴくだけで彼のチンコは完全に上を向いて勃起しました。亀頭もテカテカに膨張したチンコは17センチくらいありました。マジうまそうなチンコでした。

 

   はじめに、マキさん、ヨウジさん。俺のとんだ勘違いからみなさんを困らせました...本当にすいません...理解すんのにしばらくかかっちゃいましたよ...笑...すいません。これも縁ですね、頼りにしてますよ先輩らを!では、本題にはいります先週秋と初めての夜を過ごした事をみなさんにご報告したと思いますが...あの時はまだ本当の意味で完全にひとつになれてなかったと言うか...男同士のsexに対してまだ知識を少し入れたくらいの頭では一歩踏み出せなかった......でもそれでも俺は十分満足だし幸せでした。俺は男の人にこんな気持ちを抱くんだ...と発見の連続。次の日俺は法事のためこっちを離れていた秋にこの気持ちを示した何かを贈りたいなと思って、途中で免税店のブルガリに立ち寄り秋とのペアリングを買いました。バイト代全てつぎ込みました...笑そして兄貴とも久々にゆっくり話す時間が持てた。秋のことも話した。兄貴は素っ気ない性格な人で『ふ~ん、そうか』と聞いていた。兄貴が一番秋を心配して、そして俺をいつも見守ってきてくれていたのかと思ったら兄貴は偉大なんだと感じた。『お前が秋のことに気づかなかったのは本当に意外というか...』兄貴は当時を思いだして笑っていた。帰ってきた俺は2日間会えなかった秋に電話をした。お互いバイトがあったので夜秋の部屋に行った。

 

悩み相談
禁煙 7星

   まだ17才なのにタバコ1日1箱ペースで吸ってしまうんですよ(-_-;)きっぱりタバコ止める方法ないでしょうか...アドバイスお願いしますm(_ _)m

 

   今、俺は高3ですが、これは実際、俺の身に起きた、偽りのない文章です。てか、こう書くほうが疑わしいですね。(笑)一応、ノンフィクションという事で。 俺は試験で見事、田丸高校(仮名)に入学できた。入学式が無事終了し、クラス発表や細々とした用事も済んで、高校生活にも慣れ始めた。入学式から一ヶ月ほど経った後の事だった。 残る決め事はただ一つ。それは・・・・・・部活動の件であった。 クラスには同じ中学から来た友達もいて、その友達といろんな部活を周っては体験入部した。まずは体育館から。バスケ部や、バレー部、ハンドボール部なんかも体験入部した。それでもいまいち決められず、運動場の部活を見に行く事に。テニス部や、野球部、そして、サッカー部を見た。 サッカー部は運動場の半分を占領するほど大きなクラブで、この高校では盛んだった。だからサッカー部だけには入部したくなかった。どれだけ厳しく、どれだけ運動場の部活がきついか身に染みて知っているからである。 と、言うのも、俺は中学からずっとサッカーをやってきた。中学校でもそこそこ上手い方で、いつもレギュラーに入っていた。だけど、中2の後半から皆がとても上手くなってきて、俺はいつレギュラーを落とされるだろうと冷や冷やしていた。そんな中、ボールを易々見逃す等のアクシデントが続き、とうとうレギュラーの座を奪われた。ただのスランプ期間だったのかもしれない。だけど、俺には猛烈に耐え難い屈辱だった。おまけに、中1からレギュラーに入っていたから、周りのサッカー部は俺をいつしか憎むようになっていて、レギュラーを落とされた時も、俺と学校で会うたびに薄ら笑いを浮かべるのだ。それが俺には耐えられなくて部活動は止めてしまった。 それからしばらくサッカーはやってなかったけど、やっぱり俺はサッカーが好きだったから身体がうずきだして、趣味程度にドリブルをやったり、趣味程度に友達と一緒にゲームをしたりした。 だから、体力も落ちただろうし、高校の部活についていく自信がなかったし、技術もなまってしまったんじゃないかと思って、サッカー部は避けていたのだ。 そんな事も、俺の隣の友達は知らない。にっこりと笑って「サッカー部を見に行こうぜ!」と誘われ、眉をひそめたものの、うんと頷いた。 サッカー部の前まで来て、練習風景を眺めていた。やっぱりすごかった。コミュニケーションが取れていて、ずっと声が飛び交っていた。先輩達は右に走り、左に走り、ボールを必死に追いかけ、やっぱりサッカー部と野球部は他の部活とは違う、何か本格的なものを感じた。 そしてそこで、ひときわ目立つ大きな声、男らしくて透き通る声が聞こえて俺はそっちを向いた。そして、目を大きく見開いた。「かっこええー・・・。」 思わず声を漏らしていた。それに反応して隣の友達もそちらを向き、同じ事を言っていた。 その先輩はひときわかっこよかった。サッカー部にはかっこいい先輩達がそこそこいたのだが、その先輩だけは格別だった。背は高くて、半袖、半パンから伸びる腕や足は綺麗な褐色に焼けていて、また筋肉がいい感じに付いていたのだ。筋肉太りをしているとかじゃなく、すっきりした身体で、ラインがとても美しかった。それと同時に顔もそれはかっこよかった。髪は短髪でもなく、長髪でもなく、普通の長さだけど、ツンツンに立てていて、染めているのか、ほんのりと茶色かった。目は綺麗な二重で鼻も高い。正に欠点など見当たらない男らしい先輩だった。 俺は中2の頃、あるきっかけで「男もいけるんだ」と知った。実際男とも女ともやった事があったけど、ここ最近は男に傾く傾向があった。だからよけいに先輩がかっこよく見えた。「太一、サッカー部、体験入部してみたら?」「えっ? アキラは?」「いきなり高校でサッカーは無理っしょ。」 アキラ(明)は中学の時はバスケ部だった。「俺も・・・・・・無理。」「お前やったらいけるって!」「知ってるっしょ?俺がサッカー部止めた事。」「知ってるよ。それがどうしたん?ここにはサッカー部の奴、幸いにも一人も居ないからもう一度始めたらいいやん!」 俺はしばらく練習風景を眺めていた。何を考えるでもなくぼーっと、あのかっこいい先輩の方を眺めていた。 すると突然、その先輩がホイッスルを吹き、部員に休憩と促した。 どうやらキャプテンらしい。 そして、ふと先輩は横を振り向き、俺と目が合った。数秒お互いを見ていたが、先輩の方はにっこりと会釈してくれた。俺は慌てて目を背け、友達に一言。「もう今日は帰ろっ!」 俺は友達を放っておいて足早に家へと帰るのだった。

 

   頼りにして戴けるのは、大変嬉しく光栄な事だと思っておりますが・・・明日より仕事が忙しくなる為、掲示板を覗く時間もなくなりアドバイス等の返答が遅れる事をご了承下さいm(_ _)m 

 

   近所に6階建ての若者のファッションビルがあります。そこのトイレには和室トイレが二つあって、そこに1㎝ぐらいの穴があります。俺はスゲー覗きたくなりました。だってイケメンばかりだから☆だから俺はコンビニへエロ本買いに行きました!で、帰ってきて個室に本をおいたんです。覗いてたらB系のイケメンが大をすませ。本を見てるみたいでした。中々パンツあげないって思ってたらオナニー始めたんです。俺はラッキーってかんじでマジ興奮しました☆それから三人のオナニーみました!マジよかったなぁ☆似た経験ある人いたら聞きたいなぁ☆

 

恋愛話
不安。 ■

   メル友として出会った筈なのに、俺が、そいつに、告白しちゃって。『仮』彼氏として付き合って、まだ数日だけど、メールもまともに続いてない。メールの返事も遅くて、返ってくるのが『深夜』と言って差し支えのない時間。俺は、職業柄朝が早くてもう寝ているから、返事が出来ない。でも別れ話とかは全然出てなかったし、安心してたのに、そいつは彼氏を募集してた。諦めた方がいいのかな?俺じゃ力量不足なのかな?俺は どうすればいいですか。良ければ答えて下さい。お願いします。

 

   お願いです。今悩んでるんですメールをしてもらえないでしょうか?

 

   そして樹里の家に行った。「おばさーん お邪魔します。」「あら!七海?!久しぶりね~!家近いんだからもっと遊びにきなさいよ~ そうだ!夕飯は食べたの?」「いや、まだです」「なら食べていきなさいよ!ちょうど今作ってる最中だから!樹里なら自分の部屋にいるわよ 夕飯できたらまた呼ぶわね~」おれはやたらおばさんに気にいられてる。「なーなー樹里~」「へんな声ださないでよ!で?!あたしに相談ってことは女関係か男関係でしょ?もっとまともなことで相談とかしにきなさいよー!」「ぜんぜんまともだって!」今まで美香とあったことを樹里に話した。「ふ~ん、でその美香ちゃんのことは好きなの?」「いや、好きじゃない・・・と思う」「思うじゃだめ!どっちか!」「好きじゃない!!」「・・・ならいいじゃん。洋平くんはそんなことであんたのこと見捨てるような子じゃないと思うけどね。もしあんたがほんとに友達だと思ってるならちゃんと説明してあげたら?あとでそのことがばれたときのほうが洋平君もショックでかいと思うし」「だよなーよし!言うか!ありがと樹里!」「ちゃんと何かご馳走してよ~笑」前から樹里とおれとのあいだでは相談事や悩みなんかを聞いてもらうかわりに飯かなんかをおごるという決まりごとになっている。まああっとうてきにおれの相談のほうが多いけど。おれと美香にあったことを洋平に隠さず全部話した。「いつのまにそんなことが?!」「練習の合間に呼ばれて・・・ごめん」「そんなことであきらめるおれだと思うか?!しかもお前は悪くないじゃん!あやまるな!」こいつは天然なのかかなりのプラス思考なのか、何はともあれよかった。。おれも美香にちゃんと謝って一通り落ち着いた。おれの気持ちをわかってくれたみたいだ。練習もはかどりついに本番。「どうしよ~ちゃんとおどれるかな・・・」一人の後輩がつぶやいた  「大丈夫だよ!いっぱい練習したんだしさ!それに間違えてもまだ明日の一般公開でも踊るんだし今日間違えたところは明日間違えなきゃいいんだし、先輩達もそのくらいじゃぜんぜん怒らないよ!」美香が励ましてる。たまにこいつ樹里に似てるところあるんだよなー本番終了。そのあとおれと洋平は色んな後輩とかために囲まれた。おれは女の子だけじゃなくて男にも囲まれてた。ダンスをしたことない人からすると踊ったことだけでかっこよく見えるみたいだ。そしておれのバイセクだという噂は全学年に知れ渡った。ここから出会いがあり、だんだんえろくなってきます!

 

   あの後、(失恋)僕の気を使ってか、メールがたくさん来るようになりました。相談に乗ってくれたりと、助かっているのですが、変な画像を送って来る人がいます。今の僕は、メールで心配や、励ましのメールで助かっています。しかし、その人のメールでまた悩んでいます。なかなか止めてくれません。何回も言いますが僕は、まだまだ未熟てす。どうしたらいいか教えてくれませんか?

 

   地元に帰って先輩と会った。この先輩の名前は「樹里」高校は違うけど、まあ幼馴染みたいなもんかな。スタイルはかなりいいし、顔もかわいいっていうよりはきれいな顔立ちで性格もいい、なんでもそろってる。けどそれが原因で樹里はなにもしてないけど敵も多い。かわいいっていうのもかわいそうだな。「あんたダンス部作ったんだって?洋平くんに聞いたよ」「話しまわるのはえーよ。」「あたしは何も聞いてないよ 洋平くんがメールで教えてくれたの」あいつ・・・「で、いい子いたー?」「いや、特に意識してないしおれのタイプはいなかった」「なら安心か笑」「ん?どゆ意味だよ?!」「ほら、なんかあったとき七海のおばさんに聞かれたらうそつかなくていいでしょ?余計な面倒つくらないでよー?」「わかってるって」「そういえば七海と友達になりたいっていう子がいるんだけど 女の子だよ?」「んー今は誰とも付き合う気ないし連絡とらなくなりそうだしやめとくよ」「七海ってほんとメール返さないよねーあたしにくらい返事ちょうだいよ」「指痛くなるじゃん」っていうのはただのいいわけだけど。「もっとましな言い訳しなさいよ」ばればれだ・・・そんなこんなで二人で飯食って帰った。って言っても家は歩いて三十秒くらいしか離れてないけど。次の日の放課後。。。「七海ーー!昨日樹里先輩とあっただろ?!なんでおれも連れて行ってくれねーんだよ  それにしても樹里先輩きれいだよなー 今彼氏いないのかなー?」「無理無理。彼氏はいないけどあいつ年下興味ないから。」「がーん!まじで?  ま、そんなことであきらめるおれじゃない!」「素直にあきらめろよ笑  ってお前美香ちゃんどーすんの?」「美香?好きだよ!」「それを世間では二股っていうの知ってるか?笑」ん?こいつ今美香って言った?なんでそんなに親しげなんだよ?!  あとで聞いた話によると連絡先をすでに交換したらしい。二人で話しをしているとじょじょに後輩たちも集まり始めて練習をすることになった。  まあおれ含めてみんな初心者だからみんなやりたい曲でやりたいように振りを作ったりし始めた。そしてみんな先輩後輩が仲良くなり始めたある日「七海先輩!ちょっと話しがあるんですけど・・・」美香だ。しかもなんかいやな予感がする。。。「実はあたし前から七海先輩のこと知ってたんですよ・・」「え?なんで?」「中学のときの総体であたしの学校と七海先輩のところの中学で試合したときにあたし男子のバスケ部応援しに行って  そこで初めて七海先輩みたんですけど一目ぼれで・・・今彼女いなかったら・・あ、彼氏もいなかったら付き合ってほしいんですけど。。。」「ごめん。。ちょっと考えさせて」「ぜんぜんいいですよ!あたしこそ急にすいません!」美香はそういって練習に戻っていった。急に言われてもなーしかも洋平と仲良くなったんじゃないのかよ!そして樹里に相談することにした

恋愛話
君が好きだと叫びたい 佑人

   この話は半分フィクション、半分実体験です。もし良かったら小説感覚で読んでやってくれると嬉しいです。「お前が好きだ」この一言を伝えることが出来たらどんなに楽だろう。でも俺にそんな勇気なんてない。言える訳がない。だって俺は男で、アイツも男だったから。有り得ない。初めはそう思った。俺は「ノーマル」なんだ。だからアイツへの気持ちを認めたくなくて、あんなこと・・・。まずはアイツとの出会いから話すことにしよう。あれは忘れもしない高校合格発表の日。いや、正確にはアイツと出会ってたことに俺は気付いていなかったんだ。友達と一緒に撮った合格記念写真・・・。そこに偶然アイツが写ってた。でもそれに気付くのはまだまだ先の話。そのときはまだアイツの顔すらも知らなかった。アイツ、霧島秀和(きりしまひでかず)のことを。これから好きになってしまう人のことを。思えばこのとき写真に秀和が写ってなければ何も始まらなかったに違いない。そう、やっぱり俺たちの出会いはあの合格発表の日だったんだ。俺の名前は高岸佑人(たかぎしゆうと)。どこにでもいる平凡な高校1年生だ。顔はすごくいいって訳じゃないけど、悪いって訳でもない。背も高い訳じゃないし、低いって訳でもない。勉強はそこそこ、スポーツもそこそこ。自慢できるのはちょっと歌がうまいことぐらい。平均点を地で行くようなそんな男だ。でも秀和は違う。成績優秀、スポーツ万能。クラブはバレー部でエースアタッカー。顔はすごくハンサムって訳じゃないけど、笑ったときの顔がすごくいいんだ。そんな俺と秀和に接点なんて出来るわけもなく、同じクラスにいながら俺たちが話すことなんてしばらくなかった。当然その時の俺は秀和に好意をいだいていない。むしろ、嫉妬してかもしれない。クラスメイトからも慕われてて、非の打ち所のないアイツに。でも事件は起きたんだ。

悩み相談
浮気...? エラー

   今付き合ってる彼がいるんですけど、その彼が体育会系の掲示板に友達募集してるらしいんです。こっちの友達に教えてもらっただけで自分はちゃんと見てないんですけど...。付き合うときに出会い系は覗かないって約束したのに...(;_;)かなり好きって事もアピールしあってたのになんか裏切られた感じです。付き合って間もないし、一途って自分でも言ってたから正直ショックでこれから付き合っていけるか心配です。誰かアドバイスください。お願いします。

 

Hな話
先輩を... ゆうき

   僕は、高1のゆうきと言います!僕は学校の部活では陸上部に入ってます!1年は部活終了後グランドの整備をして帰り先輩達は先に帰ります!僕は帰宅中に部室にランパンを忘れたのに気付き部室に戻ってみると...僕のロッカーを開けて物色してる人が...僕は恐いけど部室に入り『誰だ!?そこは僕のロッカーだぞ!』怒鳴るとそこには先輩が...それもランパン姿でいました!僕は先輩に『まだいたんですか?そこ僕のロッカーですが...』と先輩に近寄ると先輩はなんと僕のランパンを握っていました

 

悩み相談
少現攴?... ?

   俺10代なんですけど、最近Hをしてもイケないんです... 立つ事は立つんやけど好きな相手とやってもイケないしタイプの奴と試しに彼氏に内緒でしたケドいけなかった...。これってヤバイですよね?今までは普通に出来た事が出来なくなったから心配で...皆に相談したら自然に前みたいに戻るって言われたんだけど、今付き合ってる奴に凄く悪くてHしたくないのが続いてる日々を過ごして辛いです...皆さんはこーゆー事ありますか?...出来たらイイアドバイが聞きたいです(┳=┳)

 

Hな話
漫画のような出会い。 七海

   これは事実です。読んでくれた中の人たちに伝わるものや共感できるもの、などなど何か心に残るようなもがあれば、と思います!文章などあまり得意なほううではないので読みにくいと思いますが申し訳ありません!おれの名前は七海。どこにでもいるような高3。中学の三年間はバスケ部で高校に入っても二年まではバスケを続けてた。ただ周りと違うのはバイセク。ようはバイセクシュアル。まあほとんどそのことは学年でも知れ渡っていた。だからっていじめとかあったわけでもないしみんなふつうに接してきた。彼女もできたし、彼氏がいたこともあった。そしておれの生活はただ漠然と高校生活が流れていった。三年に上がってすぐにおれは友達とダンス部を作ることにした。たいした理由ではないけどもともとおれの通ってる学校には活気が少ない。だから文化祭で今までと少し違った楽しい文化祭を作るために。。その友達の名前は洋平。高校入ってからずっと仲のいい友達だ。「お前部員募集して問題起こすなよー!お前がバイセクだってことで有名なんだからさ。」「おれだって誰でもいいわけじゃねーって。それにもう一年は調査済みだから笑」「まじかよ?!手早いな笑」などと冗談を言いながら部員募集のポスターを作っていたそしてポスターを貼ってからすぐに一年が五人、二年が四人入部したいとおれと洋平のところにきた。いきなりダンスの練習もするわけにもいかず最初の一日はこれから文化祭にかけての予定とただの話し合い。しばらく沈黙が続いて一年の女の子が急に口を開いた「七海先輩って男も女も好きになれるってほんとですかー?」この一年の女の子の名前は「美香」「あーほん・・「ほんとだよーだから女の子も男の子も気をつけてねー」と、おれが答えようとしたところ洋平に答えられた。  こいつちょっと自分の好感度あげようとしてないか?と思った矢先、また美香が「七海先輩彼女いないんですか?」「彼女もいないし彼氏もいないよ」今度はちゃんとおれの口から言えた他の後輩は興味しんしんなご様子。。そこで洋平が「じゃあ今日はここまでで明日から基礎的なことやろっか?七海それでいい?」「おれはかまわないよ」「ってこと明日から練習やるから明日動きやすい服持ってきてねー!」こいつ絶対後輩の誰か狙ってるな・・・そして後輩達がいなくなり洋平と二人で「七海タイプいた?」「おれ?いねーよ笑 ってかお前ちょっと爽やかじゃねーか?だれがタイプよ?」「んーおれはねー美香ちゃんかな~仕種とかめっちゃかわいいじゃん!もろヒットだね」「はいはい、あんまり女の子をもてあそぶなよー」「お前に言われたくないっつーの!笑」「じゃあおれ先に帰るわー」「おーお疲れー!」おれは用があった。地元の先輩と会うためだ・・・えろくなくてすいません。。もうちょっと待ってください!なんかありのままを書きたくて・・・

恋愛話
ひとめぼれ かいり

   最近、同じ建物内の『笑笑』のバイトっぽい子が気になります!ちなみに僕は笑笑の上のカラオケで働いてるんすけど...。たまにその子がティッシュ配りしてる時間を狙って僕も人通り見に行ったりしてるんだけど、めっちゃ目が合うし、ジーっと見られてるんです☆どーやったら仲良くなれますかねー?

 

悩み相談
セキさんへ ゆぅ

   きょう例のトモダチと2人で街に行ってきました。やっぱいまの関係を続けたほうがトモダチをキズつけなくてすむような気がしました[アセアセ]ホントのボクをわかってほしいけどみんながみんなゲイに理解を示してくれるとは限らないし[下]トモダチには悪いけど隠し通すしかナイし[涙]どぉおもいます?

 

Hな話
彼女と親友の間で...① 裕介

   俺がこっちの世界に踏み込んだきっかけ話をさせてください。文才ないんで変なとこもあるでしょうけどそこは勘弁してくださいm(__)m俺は、今21で社会人。彼氏のIは中学からの親友で、高校も一緒。俺は当時(高1)ノンケで、部活内に好きな人がいた。その人は二個上でマジ美人で勉強も出来て性格も優しい、まさに完璧って人。ちなみにミスコン3年連続1位(笑)部活で一緒に過ごしてくうちにどん②好きになって、気持ちは募るばかり。でもその先輩には他校の彼氏がいた。いつも部活が終わってみんなで帰ろうとすると彼氏が校門の前で待ってる。俺はその光景がこの世で一番嫌いだった。彼氏に満面の笑顔で走ってくときの顔が一番かわいい。でもそれは他の誰でもなく彼氏に向けられたもの。だから俺の一日はいつも最悪な気分で終わる。6月の真ん中辺りかな?珍しく、つか俺が部活入ってから初めて彼氏が迎えに来てない事があった。先輩は、「みんなと帰んの久しぶりだね~!どっか寄ってこうよ」ってテンション高くはしゃいでた。俺は勇気を出して聞いてみた。「彼氏さん今日は迎えに来ないんすか...?」一瞬の沈黙。俺にはすごく長く感じたんだけどね。ちょっと困ったような顔しながら口を開いた。「うん、別れたの...だからもう来ないよ」 俺はものすごく後悔した。期待していた言葉だったけど、先輩のあの悲しそうな顔。でもその時俺は覚悟をきめたんだ!今度は俺が先輩を笑わせるって。その日から俺は先輩にアプローチ(?)をいっぱい仕掛けた!俺を好きになってもらいたくて。先輩たち3年の引退が近付いた7月初め、俺はIや他の奴らの協力を受けて先輩と二人っきりで帰ることになった!Iはそん時、「頑張れよ、応援してっから!」って言ってくれた。あとで聞いたら本当は全く思ってもないことを言ってしまったと後悔してたらしい(笑)俺は緊張して、先輩の話にあいづち打つばっかで、なかなか話を切り出せなかった。そんな時先輩が、「桜井くんって彼女いないの?」って聞いてきた!俺は「いないっすよ!好きな人ならいるけど...」って言った。したら先輩は目をキラ②さして「誰?部活の子?教えてくれたら協力してあげるよ!」って興奮気味に言ってました。俺は覚悟を決めて、「好きな人は中野先輩っすよ。」と言ってキスをした!!長々としかも女性相手の話書いちゃってすみません。Iはそのうち出て来るんでもう少し先輩の話をさせて下さい(>_<)

 

悩み相談
どうしよう~ カイ

  17歳 高2 ♂ 悩みがあります。中学生の時から複数プレイを友達とやっていて、アナルプレイも何回もやってたらアナル拡張になってしまって、トイレする時も力が入らずうん○が止まりません今も関係は続いていますが、アナルプレイもやっています。もう玩具でもいかなくなり、男性のチンポが二本も入るようになりました。アナルが広がってどうすればいいのかがわかりません。どうしたらいいでしょうか?

 

Hな話
ノンケチンコ りゅう

   俺は大学一年です。この前の週末に大学の同級生数人(男4人女2人)と飲み会しました。普段は飲み会とかあまり好きじゃないのですが、今回は俺のスゴイタイプの友達が行くんで俺も行く事にしました。童顔カワイイ系です。飲み会が始まってから一時間もするとみんな結構いい感じになってきて、そいつは暑いといいながら上着を脱ぐとタンクトップでした。カワイイ顔な似合わず、マッチョではないけど程よく無駄無く筋肉が付いた感じでした。個室タイプだったので少し大胆になったのか、そいつは酔うと脱ぎ癖があるようでした。するといつの間にか上半身も脱いでました。女が「○○くん鍛えてる~?」とか言いながら彼の裸をガン見でした。すると彼が「下も見る?」て言ってきました。「見たい見たい!」と俺の変わりに酔っ払い女が代弁してくれました。彼は躊躇する事なくズボンを脱ぐとセクシーなボクサーパンツ姿でした。パンツも脱ぐと細身な筋肉質な体と童顔に似合わず平常時でもデカいズルムケチンコが出てきました。女は「やだ~」って言いながら目をきらきらさせてチンコを見てました。もちろん俺も...。飲み会も終わりに近付くと彼は泥酔して、みんなで相談した結果、一番近い俺の家に連れて帰る事にしました。飲むとよく記憶なくなるって言ってたし、ひょっとしたらと期待してました。

 

恋愛話
これって恋? 優

   僕は全寮制の男子校に通っている高校2年生です。そこにはめっちゃ仲のいい友達がいて毎晩一緒にベッドで寝てるくらいで(^_^;)よく抱きついてきたり、手握ってくるんで期待したんですけど普通にそいつはノーマルです。でも、なんか抱きしめられたり髪の毛触られたりすると、心地よくてされるがままになっちゃうんですけどね。それで本題なんですけど、そいつに先月彼女ができて、別にそれ自体はどうってことなくて普通に喜んであげられたんですけど・・・こないだそいつとそいつの彼女が2人で手繋いで歩いてるのみちゃって、その瞬間なんかガ-ン!って・・・僕には好きな人がいてそいつは友達だと思ってたんですけど、これって恋なんでしょうか?あ、ちなみに今でもそいつとは毎夜一緒に寝て仲良くやってます。

 

悩み相談
ヘコんでます シン

   今日掲示板でぇ知り合った人と会うことになってたんですが...朝メールしても返事こないしぃ待ち合わせの場所に行っても来ませんでした...どうして???毎日メールしてたのに....なんかぁもう自分に自信がなくなりましたぁ....みなさんはそんな経験ありますか?どうやって自分に自信をもたせますか?いいアドバイスあったら教えてくださいm(_)m よろしくお願いします。

 

Hな話
14年間連れ添った親友と...(カミングアウト編)1. まこと

    こんにちは。前に14年間連れ添った親友と...を書いた者です。付き合った後の番外を書かせていただこうかなと思い書き込みます。また、少し長くなってしまいそうで場所とってしまいそうなんですけど...良ければ読んでやって下さい。&良ければレスとか頂けたら相当喜びます。 俺とTがつきあうようになってちょうど半年くらい経った去年の六月くらい。俺らの付き合いは順調?で体の関係も程ほど...てか結構頻繁になってた。 喧嘩まではいかないけど、言い争いは結構有る様な...まぁ大して今までの14年間と変わらない毎日を送っていた。 高2にあがった時のクラスも一緒。これで、小学校からの11年間で一回しか違うクラスになった事がない。先生いわく、「誠は、性格結構しっかりしてる分勉強は全くだし、Tは性格わけわからんが勉強は出来るからお前らは二人でいた方が伸びるんだよ」という何ともわけのわからない理由で一緒のクラスにされたそうだ。まぁ、嬉しいからいいんだけど...。  六月は梅雨の時期。放課後、外でも遊べずに俺とTは、他に仲良い仲間と、奴等の男子テニス部の部室で喋るのが日常になってた。ちなみに俺は帰宅部なんだけど。 その日も男子部の部室でいつもの様に好きな女の子の話やら、クラスの誰が胸でかいとか、そんなクダラナイ話をしていた。俺ももちろん話に混ざる。Tはいつもみたいに興味ない話にはかたらずに、部室にいつも置いてあるエロ本を、窓際で座って無表情で読んでる。 そんな時、女子部の部室に部の記録長をもらいに行った友達がすごい笑顔で入って来た。ちなみにこいつは、中学からの俺とTの友達のM。「おい!今女子の部室で見つけたんだけど、コレ見ろよ!」 Mが言いながら持っていた本を、円になって座っている俺らの真ん中に投げた。「うわ!何だよコレ」「女子、何見てんだよ~」 馬鹿笑いする人、ゴミみたいに本を指先でつまみ上げるヤツ、色々な反応をする友達の中で、俺は多分相当こわばった顔をしてたと思う Mが女子の部室から持ってきたのは、ボーイズラブ本。しかも、漫画二冊に小説二冊。 汗がどんどん溢れてきた。馬鹿笑いする友達に紛れて俺も笑ってたけど、本当に顔の筋肉だけで笑ってる感じだった。「うわ、すっげ。ケツでこんなん絶対ねぇっつーの」「わかんねーじゃん、女でもアナル感じるらしいし、男も意外と感じるかも~」「んじゃ、お前試してみろよ。俺は突っ込み役はヤダぞ~。てか、男に突っ込みたいとか思わねぇべ?普通」「絶対嫌だっつーの」 そんな会話だったと思う。とにかくショックすぎて結構覚えてる。俺もなんか言わなきゃと思いながら、笑顔を作るので精一杯だった。「てか、女子って何でホモ好きかね?気持ち悪いだけじゃん」 一人が言って、みんなが笑う。俺の後ろにいるTの顔は見えない。ちょっと泣きそうだった。気分が悪くなってくのもわかった。そんな時、一人が俺に言ってきた。「てか、実際Tと誠って怪しくね?いくら幼稚園の時からっつっても仲良すぎだし。誠も何回か告られてんのに、OKしたトコ見た事ないし。意外にこういう関係だったりするんじゃね?」 そいつが手に持ってた本を俺に見せながら言った。俺は内心Tの顔が見えない事とかでかなり焦ってたけど、でも、こんな事で動揺してたら今までゲイだって事なんて隠し通せてなんてない。俺は、そいつの持ってた本を受け取って中をパラパラ見ながら言った。「何だよ。んなわけないじゃん。てか、普通ケツにこんなん入らねぇだろ?俺がTとヤッてたらこいつのでかいの毎日突っ込まれてる俺は腰抑えながら学校来てるって」 確かにそうだ!とみんな笑う。言ってて自分で情けなかった。自分を偽る事は慣れてたけど、Tとの関係まで否定するしか出来ない自分が最低だと思った。自分の事だけを嘘つくより、よっぽどきつい...。「それにTは誠と違って逆に告られたら来るもの拒まずだったからな~中学校の時から。でもお前のわけわかんなさに愛想尽かしてみんな離れていくんだよな。あ、でも、この前お前初めて、告って来てた子断ってたよな?」 中学から俺とTを知ってるMがTに言った。みんなが確かに断ってた、とTを見る。「だって、俺今誠と付き合ってるし」 Tが言った。瞬間、俺は後ろにいるTの方を見てしまった。お前何言ってんだー!って感じで。焦りすぎて顔が熱い通り越して寒かった。 振り返るとTと目が合った。 どうしよう...と俺が言葉を探してたら、友達がみんなして笑い出した。「あはは、誠愛されてんな~」「気ぃつけろよ!誠!このボケの事だからいつの間にか誠のお腹に俺の子が!とか言い出すかもしんねーぞ」 笑いながらそんな事を言う。多分、いつものTの天然ボケが出たんだと思われたみたい。俺はとりあえず安心した。でも、Tがそんな風に言ってくれたのに、俺はTとの関係ごまかすしか出来なかったって思うとすごく申し訳なかった。Tの顔はいつもの無表情だけど、本当の事を言ってる目だった。俺はTから目を逸らすしか出来なかった。「でも、本当に、お前らあんま一緒に居すぎだし、さっさと可愛い彼女見つけてお互い親友離れしろよ」 Mが本当に真剣な顔で話してきた。根本的にMがすごくいいヤツだって事を知ってるだけに、心配してくれるMにもうしろめたい気持ちで一杯だった。その話題は、そこで終わってみんな帰る準備を始めた。 Tはその間もまたずっとエロ本を見ていた。 何か切りわる!本当すいません!続きます。てか今回エロくなるトコあんのかな......

 

悩み相談
失恋した後 ナショナル坊や

   皆さんは、失恋した後どうしてますか?まだまだ、子供な僕に教えてください!

 

Hな話
体操部のやつと あぼ

   「裕規ぃ~。帰ろうぜぇ!」体育館の外で体操部が部活を終わせるの待ってから俺はすぐに高野裕規のところへ走っていった。「おぅ!弘之!今着替えるから待っててぇぇ」裕規は白い歯を見せながらかわいい笑顔を見せた。今日も天使の笑顔だ。高野裕規は中学生みたいな童顔なのにこれでも俺と同じ2年生だから信じられない。大きな目とえくぼが特徴的だ。部活は違うが一年の時からの親友だ。「早くしろよ...」俺はわざと怒ったふりをするがそれは演技だ。裕規が着替え中に体操部で鍛えた体を見たいだけだ。

 

恋愛話
馬鹿みたぃ‥‥ まぁ

   自分からメールするのたちきったくせに後から後悔してきちゃったょ‥‥‥あなたの顔が頭から離れないほんとに馬鹿みたぃ‥‥丸‥‥好きだよ

 

悩み相談
3つもあります(;_;) saii

  くだらんことなんですが、彼氏の事で悩みがあります。1つは向こうはネコなんですが、初Hの時痛がって入れられませんでした。俺も初Hで、ほぐし方とか全然わからんくてなんか物足りひんまま終わってしまいました。誰かケツマンのほぐし方教えてください。2つ目は俺のチンポがまだ未熟で、フェラされるとたまに痛いときがあります。相手が折角フェラしてくれてんのに感じひんのは辛いです。3つ目はかなり変な話なんスけど、彼氏の好きなアーティストに嫉妬してます。女性シンガーなんですけど、彼氏はその人がかなり好きみたいで、俺といるときとかもその人の話します。はたから見たらむっちゃ普通の事なんですけど、俺はなんか気持ち盗られてるみたいで悔しいです。有名人やから仕方ないんですけど...。なんか頭おかしい人みたいですけど、真剣です。アホみたいでくだらん話なんですけど、俺より大人な方の意見待ってます。

 

Hな話
学校のトイレで...① 隼人

   俺は高三で、今年大学受験だ。俺が通っている高校は私立の進学校ということもあり、放課後、夕方遅くまで学校に残って勉強をしている人がいる。俺もその中の一人だ。どうも家に帰るとだらけてしまうので、最近は学校で勉強してから家に帰ることにしている。そんなある日の放課後、俺は勉強に集中が出来ず、気が付けば、チンコがをビン②になっていた。そういえばここ二、三日、勉強が忙しくて抜いていなかったのだった...。そんな俺は、学校の夕方の薄暗いトイレでオナニーをすることにした。

 

悩み相談
・・・。 雪

   前のくだらない話を聞いてくれたみなさんありがとうございました。少しスッキリしました上上誰かメル友からはじめませんか?

 

Hな話
兄の居酒屋にて・前編 うめ

   ようやく荷物が片付いた。僕は兄の居酒屋に引っ越してきた。と、言うか、半分家出。ここからなら学校にも通えない距離じゃないし、何より、口うるさい両親とではなく、大好きな恭平兄ちゃんと一緒に暮らせるのが嬉しかった。「お兄ちゃん、今日から仕事手伝うよ」上の部屋から下の店に降り、恭平兄ちゃんにそう言った。住ませてもらうのだ。少し位働いて返さねば。「いいよ、別に。恭次はまだ中1なんだから。それに、」「大丈夫。運ぶ位僕にだってできるよ。 そうそうそれと、今日部活の先輩が来るから」恭平兄ちゃんは、少し黙ってた。「部活って、バスケ部のか?」「うん」「そうか、分かった。それと、店の手伝いもやってもいいぞ。いいな?」「おうっ!」『ガラガラガラガラー』扉が開いた。「いらっしゃいませ」まだ慣れていないので、多少たどたどしい口調で客を迎えた。「よう、恭次、約束通り来たぞー」「あ、先輩。こちらにどうぞ」少し変だったのか、先輩が苦笑しながらやってきた。「何になさいますか?」「うむ、君、狐うどんを頼む」冗談めかして先輩が言う。こう言う軽いノリが好きだった。そう、僕は、先輩が好きなのだ。そしてこれからする予定のあの作戦の決行の時を、心待ちにしていた。ほどなく狐うどんができあがった。慎重に、慎重に、先輩の所に運ぶ。「お待ちどうさま。狐うどんになりま・・・ず」滑って、否、滑った振りをしてこける僕。「『ず』? ええっ!!」先輩が振り返り、その顔に驚愕の表情を浮かべる。その先輩の、ちょうど股に、狐うどんがひっくり返った。ナイスヒット! 我ながら見事、これも先輩との練習の成果だ。周りから、酔っ払ったおじさんや、バイトさんからの笑い声が聞こえる。「せ、先輩。ごめんなさい。えーと、こっち」そう言って、2階に引っ張って行く。「お、おい・・・」「早く拭かなきゃ染みになっちゃう。 それに、冷やさないと、火傷しちゃうよ」そして、自分の新しい部屋に連れ込んだ。「先輩はここで待っててください。今冷やしたタオル取ってきます」風呂場に行って、急いでタオルを濡らして戻ってきた。ここまでは、何とか成功。問題は、ここからだ。「先輩、えーと、その、ズボン、脱いでください・・・」「えっ、あ、ああ、別にそこまで・・・」「いえ、それでは気がすまないんです!」そう言って、無理矢理先輩からズボンとパンツを剥ぐ。そこには、僕のとは比べ物にならない位大きく、毛の生えたモノがそびえ立っていた。おっと、うっとりしているべきではない。僕はタオルを上手く操り、先輩のモノをしごいていった。すると徐々に大きくなってきた。「先輩、どうして立ってるんですか? ひょっとして・・・」あえておどけた口調で訊ねる。「おう、お前があまりにも可愛いからさ」そう言って、両手を上げて、狼が襲うようなポーズをとる。「先輩のエッチ-。でも、先輩の為ならー・・・」上目使いをして、笑いながら言ってみる。内心、ドキドキハラハラしているのだが。「そうか、じゃあ、いただきます」手を合わせ、いきなり僕のズボンをパンツごとずらした。「うっへっへ、かわいいなぁ」爺臭く言い、僕のモノを撫でたり、突いたり、振ったりした。どこまで本気なんだろうか、先輩は・・・。そんな事を考えていると、先輩は、いきなり僕のモノを口に含む。チュパチュパと、わざといやらしい音を立てて吸うようになめる。僕のモノは、あっという間に大きくなってしまった。「ほほう、いい形ですな」にやけ面の先輩は、一旦口から出してマジマジと見、再びなめ直す。いや、今回はさっきよりも数段激しかった。「先輩、もう、いきそう・・・」粘りつくようななめ方をされた僕は、発射寸前だった。「もう、だ、め・・・、出る!!」そう叫ぶのと同時に、僕は先輩の口の中に発射してしまった。先輩は、全て飲み干した。そして、口を離した。「ごちそーさまでした」難儀にも手を合わせる。終わった。終わってしまった。結局、先輩は完全には立たず、当然いかなかった。先輩が本気だったかどうか、全く分からなかった。だから・・・、「え、もう終わりなんですか?」少ししてから、わざと上目遣いで、潤んだ瞳で、愁いを帯びた声で、そして思いっきり足を開いて訊ねた。「まだ、いいの? じゃあ、処女、貰っちゃおっかなぁ」そう言い、両手を僕の肩に乗せた瞬間だった。「キサマ、俺の弟に何してやがる!!」罵声と共に、兄貴が大股で近寄ってきた。

 

恋愛話
可愛い奴 なぉき

   サイトで知り合った17才でタメのゅう。シャメも交換したしすごく仲良くなった。ぁるひ遊ぼう!と持ちかけると浮かない感じ。。。とりあえずOKをして次の土曜に某駅で待ち合わせ。待ち合わせ30分たってもこないのでメールすると超タイミングよくオレの隣の小学生の携帯がなった。ドキッとしたがシャメと違うし小学生だし。と思いながら返信がくる。今駅の証明写真機の前です。.........オレもです。ってことはコイツ???って思ってゅう?って聞いたら見上げて泣きそぅな顔でうなずいた。ハナシを聞けばなんとまぁオレが理想の兄貴像なんだって。笑 嘘ついてまで。。。可愛い奴って本当に顔は可愛い。背も130しかなくて華奢。さらにすぐ泣く。乙女系?笑 とりあえず少しブラブラァてしてファミレスで食事しながら会話。オレは、どうしたいの?と嫌な質問。ハンバーグを頬張りながらお兄ちゃんになってくらさい!と一言。。。とまぁこのまま兄弟みいな関係が半年続き今では付き合う仲にまで成長。オレは今高2。ゆぅはやっとこ小5、付き合うって何?なんて言われてもわからない年ごろ。自分らがぃぃならぃぃんぢゃね?って感じで毎日すごしてんだけど~どぅすかみなさん?笑笑

 

悩み相談
好きなのに ナショナル坊や

   今僕は、好きになってしまった人がいます。その人も男の人に興味がある人なので、思い切って僕の気持ちを伝えましたが、笑いながら流されたんです。。その人は500キロも離れたとこにいます。やっぱり、相手にしてもらえないのかなお願いですこんな僕の気持ち解ってくれる人いませんか?

 

Hな話
彼女の弟と 5 駆

   マオの部屋に入れてもらうと部活はやってないそうだけどサッカー好きなようで、ボールやポスターが置いてあって、まぁわりときれいに片付けられた普通の部屋。『ジュース持ってくる!』と中々気が利く子で、マオはそう言うと階段を降りていきました。俺は部屋を物色しはじめました...。タンスがあって、上から上着やらなんやら入ってたので、もしやと探すと下から二段目にトランクスが入ってました。俺はとりあえず匂い嗅いでみて...笑 それからベッドの下とか机の引き出しやらを探して何かないか探してました。すると机の横に引っ掛けられた学校で配られたプリントが詰まった手提げカバンに一冊ノンケのエロ本が入っているのを発見。その時マオが部屋に入ってきて、『わーーー!』とその本を奪い取って、『ゎー...ゎぁ...。』とおもしろい驚き方でした。『まだ小学生のくせに...スケベやなぁ...』というと、『...違う!』と少し恥ずかしそうにしました。俺はマオの頭に手を乗せ、『俺もエロいからいいゃん。』って言うと、『え、お兄ちゃんエロいん?』と聞いてきました。なんか目がキラキラしてました。『うん...姉ちゃんとHしてたやろ?』『あ...あれごめんなさい...。』マオが申し訳なさそうに軽く頭をさげました。『いいって。エロかったやろ!』『うん!お姉ちゃんみてびっくりした!なんかゆってたし!』自分の姉が喘でた光景に驚いた様でした。

 

悩み相談
告白 るる

   今、僕には、好きな人がいます。でも今まで一回も告白したことがありません。♂の人に告白するときみんなどういうふうにしていますか?きっかけとかどういうふうに作るですか?恋多き人からの意見聞かせてください。

 

Hな話
今日ロッカーで... 版

   下の「好きな人のロッカーに」を書いた版です。今日俺のロッカーの列で歯磨きしてました!まぢかわいいです!!見てくれてないかなぁ?

恋愛話
(´・ω・`)/ レン

   昨日ヒロさんに連絡して『カズキと会ってちゃんと話したいんだけど』と相談してみました。そしたらヒロさんから思わぬ言葉が............。『えっ??カズキずっとレンからの連絡待ってるよ!!』俺は嬉しさのあまり泣いてしまった。ヒロさんに『ありがとう』とだけ言って電話をきった。俺はすぐにカズキの家へと向かった。カズキの家へ向かう道のりが懐かしく感じ自然と涙が溢れだす。そしてカズキと初めて会った場所。喧嘩で出会った俺とカズキ。その場所を通る度に涙が出ていた。今では笑顔で通れる。カズキの家のマンションに着いた。『............よしっ!!』呼び出しボタンを押す手は震えてた。ピンポーン.........。。近付いてくる足音。俺はドキ②だった。でもそんな事はおかまいなしに足音は止まりドアが開いた。俺は下を向いた。泣き顔を見せたくなかったから。カズキは『.........うん??』と言ってた。たぶん誰かわかっていないのだろう。俺とカズキは身長差が15センチくらいあるから。俺はカズキに抱きついた。カズキは『え??ちょっ.........誰だよ』と言い俺は離そうとした。俺は(俺って事ぐらいわかれよ)と思った。『.........レンだよ』と言うと俺を離そうとしている手は止まった。『カズ......キ......レン...だ...よ』とまた言った。カズキは『わかったから......わかったから何も言うな』と言いながら俺を抱いてくれた。そのまま5分くらい抱き合ってた。俺はカズキに手を引かれ部屋の中へと入った。カズキは座ってすぐに謝ってきた。俺は頭を横に振った。『あの時はレンの事が好きなのかどうかわからなくて別れようって言った。でもレンがいないとやっぱダメや。今頃レンの大切さがわかった。離れんとわからん何て......俺バカやな』と言ってきた。俺も『うん......俺もカズキと別れてカズキの大切さに気付いた。』と言った。『レン......俺か別れといて悪いんやけど、もう一度俺と付き合ってくれんか??』俺はその言葉を聞いた時にその日初めてカズキの顔を見た。俺は(カズキだぁ......)と嬉しくなった。そしてカズキの顔を見ながら笑顔で『うん』と答えた。『その笑顔を俺はずっと見たかった』とカズキも笑いながら言った。『その言葉キモイって』と俺は言った。『俺も思った』と恥ずかしそうにカズキも言った。その日はカズキの家に泊まり、朝一緒に家を出た。カズキとよりを戻す事が出来ました。応援してくれた方々ありがとうございましたo(^▽^)o今幸せです!!!!!!

 

悩み相談
悩みです まもる

   嫌なことばかりでいろいろ深く考えたり心配性で誰にもいえないしどうしたらいいかよくわからなくていつもいつも一人で悩んで自分を責めてます寂しくて悲しくて自殺を考えたこともありました、もうどうしたらいいかわかりません。。。いいアドバイスくださいお願いします。

 

Hな話
14年間連れ添った親友と 長文編集局

   こんにちは。俺は高2の誠(仮)って言います。俺には幼稚園の時から14年間いつも一緒だったTっていう親友がいます。そのTとちょっと色々あったりしたので書き込んでみようかなと思いました。文章は下手だし、全然エロくないかもしれないんで、了承してから読んでくれると嬉しいです。  俺とTは多分世間から見ると本当に仲良くみえると思う。友達とかにも、お前ら仲良いよなと良く言われるし、写真を撮る時は二人でワンセットみたいなのが当たり前になってる。隣同士なんでお互いの家の鍵を持ってるのは当たり前。家族ぐるみで仲が良いので、正月や誕生日等も合同で行う。親よりも一緒の時間を過ごしてきたのがTだ。 Tはカッコイイって感じではないけど、体育祭とかで女子の後輩に写真をせがまれるくらいのルックスはあるかな...。もちろんノンケ。ちなみに俺がゲイだという事はカミングアウト済み。カミングアウトしたと言うか、セックスのセの字も知らない小学生時代に、「俺、男の体見ると変な感じになるんだよね」とTに相談して、「男を好きになる男をゲイって言うんだよ」と物知り顔で教えてもらったくらいなので、カミングアウトする前にばればれなんだけど...。  間単に話してるけどやっぱり、ゲイって事で悩んでたりした時期もあり、プラス俺は小学校時代からTの事が好きだったからその事で悩んだりもした。その反動?で毎日の様に掲示板で見つけた人とヤッたりしてた。バック出来るから結構会ってくれる人もいたりして...もちろん避妊(笑)はちゃんとしてたけど。 そんな生活にもちろん説教してくるT。でも、そんなTはちゃっかり彼女作ってたりして、それで更にムカついて反発してたりした。そんなこんなで中二から高1にかけては、今思うと相当荒れていたと思う。  でもやっぱりTの事が好きだからTと同じ学校に入るために死にもの狂いで勉強した。高校に入学出来た時は相当嬉しかったし、Tもすごい喜んでくれた。Tは彼女と別れてたし、俺も一時夜遊びをやめて、昔みたいに一日中Tと一緒にいる事が増えた。でもやっぱり、一緒にいると、恋人になることは出来なくて寂しくなったり、好きな人と二人という事でムラムラ(笑)もしちゃったりしてくる訳で...。高校入学して一ヶ月位したら俺の夜遊びは再開してた。 夜遊びしてはTに説教される、そんな毎日が半年くらい続いたある日、いつもみたいに掲示板で見つけた人とヤッて家に戻ると、Tが俺の部屋で待ってた。待ってたつっても、ベッドに寝て漫画を読んでた。俺は、また説教されんのかな?と思いながらテレビをつけてTの寝てるベッドに座った。でも、Tは何も言ってこない。黙々と漫画を読んでいる。一時沈黙が続いた。 一時間くらいして、三冊目の漫画を読み終えたTが口を開いた。「なあ、誠?」「何?」「男同士って、どうやんの?」 聞いた瞬間、飲んでたジュースを吐き出した。(漫画みたいだけど本当に噴き出した。)長年Tと一緒にいるけど、こんなんこと聞くのは初めてだった。「どうって...」「入れるトコなんてなくない?どうやんのかなって。」 Tは単純に興味本位で話してる感じでヒョウヒョウとしている。「入れる入れないで言ったらアナルじゃね?尻の穴。まぁ、フェラとかで終わる人もいるけど」 内心バクバクだったけど、俺も声が動揺しないように気をつけながら言った。「尻!?って入るの!?」

 

悩み相談
迷ってます。 ゆう

   私は今大学三年なんですけど、友人で好きな人がいます。最近、彼に告白しようかと思う事があるのですが、もし旨くいかなかった場合、その後の関係が崩れてしまう事を考えると言えません。みなさんはどうですか?

 

Hな話
ストーカー事件? 太一

   おれは正真正銘ゲイだ!よく女に持てるがシャイなおれの為うまくコントロール出来ない!しかしなぜか気に入った男は恋愛対象ではなくすぐ友達として付き合う!不思議な感じだ!ある時衝撃な事件に巻き込まれた!それは家に帰るときだった!夜中だったため先は真っ暗!背後から付いてくる怪しい人がいた!しかも三人!まさかストーカー?なんて思った!そんな場合では危ない!だから早急に走った!

 

恋愛話
この前彼と・・・ 高校生

   この前一つしたの彼氏と別れました。。。別れたってかふられたんだけど・・・自分は愛してたからうそみたいだった。。。もうその日からはいつも泣くばかりで学校では涙をこらえるのが精一杯で友達ともいつものように接しきれなかった。すいませんこんな

悩み相談
撮られる りょうじ

   「かっこいい」のスレに「鮎川太陽」というツリーをたてたりょうじという者です。一度、そのやりとりをみてもらった上で読んでもらいたいのですが、(簡単な流れは、俺が鮎川太陽に似てるとたくさんの人に言われて、誰のことか調べたが、画像が見つからず、鮎川くんの画像をはってくれと頼んで、それから、鮎川くんのことを色々教えてもらいました。そこで、俺が、都会の方に行くと、女子高生に写メを撮らせてと言われ、その対処はどうしたらよいかと尋ねたところ、それを自慢におもう人がいるので、よしとけといわれたけれど、そんな人は、無視して、ちゃんと答えてくれるいい人がいると思うので、悩み相談のスレに投稿しようとおもって、投稿する限りです。)本題の悩みですけれど、俺が住んでるのは、すごく田舎で、友達と店とかがいっぱいある都会に行くのが日課です。でも、1年程ぐらいから、鮎川くんに似てるから、写メとらしてくさいという女子高生が現れて、もちろん断りました。俺が、鮎川太陽が誰のことなのかは、2.3日前にこのページで知ったんですけれど(事務所の関係か、調べても画像がない)、去年の秋の終わり頃から、徐々に増えだして、断ってるんですけれど、いかつい女子高生とか、大声で騒ぎ散らす女子高生にはマジで困ってます。逆切れしてくるやつもいます。「ちょー、まじウザぃ!とっても、減るもんかよ!」とか。(ルーズソックスはいて、地べたに座ってるようなやつ。たまに、いかつい男もいる)そいうやつってどうすればいいと思いますか?帽子や眼がねで変装しても、数は減りますが、そういうやつに呼び止められます。都会部に行くのがとても、楽しみなんですが、そういう奴ら(特に男連れの時)が怖くて、せっかく、行っても、はらはらして、楽しめません。こてんぱんにやっつける方法なんてないですよね??ちなみに、友達と行くんですが、その友達もやたらよ乗り気で、アドレスまできいてる始末です。

 

Hな話
満員電車 なお

   この前、俺は朝の満員電車で中三ぐらいのかわいい系が子がいたので、そっとタッチしてあげたらモッコリと膨らみ恥ずかしいそうに下を向いて逃げる様子もないので、更に揉んであげたらボッキしたちんこを必死に押さえていた。それでも手をどこしズボンのチャックから手を入れて揉みつづけたら俺の手に大量のザ-メンが出てきた。濡れた手でその子のちんこの亀頭を揉みあげたら感じすぎたのか腰を振り始めたのでやめた。

 

悩み相談
ナゼだ~!!? ゆんか

   別に大した悩みじゃないですが・・・。迷惑メールに、うんざりしてます↓↓シカトしまくってますが相手は、なか2.の手強いヤツでして(>m

 

Hな話
ジャニ系がおっさんに 英

   俺は23です。ある脱ぎ系(パンツ姿)の発展場に行った時です。すでに4、5人いましたが特にタイプがいなくて一人おじさんぽい人に付けられたのもあって、ず~っとロビーにいました。すると一人すごいタイプが来ました。顔はカッコカワイイ系でスジ筋の高校生にも見えました。の割りにはボクサーのモッコリはいっちょ前に立派でした。彼はすぐにダークルームのほうに行きました。しばらく待ってもロビーに出てこないんで俺もダークルームに入り彼を探しました。彼をミックスルームで見つけたのですが、すでに手を出してる人が...。それはさっきのオヤジでした。まさか許す訳が~と思いながら横に寝て観察してました。仰向けの彼はオヤジに明らかにチンコを揉まれてました。二~三回揉まれては断るように手を払いのけてましたが、そのうち気持ち良くなっちゃったのかオヤジに揉まれまくってました。

 

恋愛話
会社に新入りが☆ リーマン太郎

   先週の月曜日に新入社員の入社してきました。19歳で中途採用なんですが中学生に見えるんですよ(笑身長は170センチぐらいで体重は50キロぐらいかな~しかも童顔でかわいい!そんで俺の部下になったんですよ☆工業系の仕事なんですが俺が20歳でつぎに若い人が34歳なんですね そのこ拓也って名前なんですが人見知りが激しくってあんまりしゃべらないんですよ 初日に孤立って感じで唯一俺がしゃべるぐらいなんですよ。そして......(笑現在は会社で拓也と喋るのは俺だけなんですよ。お昼も一緒にたべるんですよ☆休憩室も広いのに俺の隣に座って慣れてきたのか ものすごく喋るんですよね(俺とだけ☆)トイレもついてくるんです(笑)連れションが当たり前(笑)毎日家が近いので車で迎えにいってます。すっげ~かわいいんだな☆☆明日が楽しみだよ☆

 

悩み相談
・・・ 雪

   僕には同じ部活でヤった人(ムリヤリ)がいます・・・。そのひとが僕を犬のように十回くらいかな?「おれにクリスマスプレゼントくれ」って言っていれられました。そのあとからめっきりメールもシカト僕は別に好きでもない人に襲われて、学校でも・・・。僕はほんとに好きな人を見つけたいです・・・。誰か助けてください・・・。

 

Hな話
彼女の弟と 1 駆

   今高二の駆です!俺はバイなんですが、中二の時に彼女がいました。そして初めて彼女の家に遊びに行ったとき、玄関のドアを開けると、男の子がちょうど靴を穿いていて、靴紐を結んでいました。この男の子は彼女の弟で、名前は『マオ』。彼女からそれを聞いたとき、リアルに『中国人?』かと思い、それを尋ねましたが、彼女は『違うにきまっとるやん!笑』と言っていました。下を向いて靴紐を縛っていたので、顔が見たくて『こんにちゎ!遊びに行くん?』と聞くとこっちを向いて、『ぁ、こんにちゎ!』とこっちを向いてくれました。『昨日靴買ってもらってね!そぃで穿いてみるんょ!』そういう彼を見た初印象は、まじでかわいくて彼女とどこか顔が似ていました。犬みたいで、特に笑顔がかわいい...ジャニーズなんて目じゃないです。小六らしいのですが、人見知りもせずに礼儀ただしくて、正直バイである俺は、彼に一目惚れしちゃぃました。『ん?で、お兄ちゃん誰?』今更かよ!笑 と思いながら、『君の姉ちゃんの彼氏かなぁ!』と言うと、『そんな気がした!かっこいいもん!』と嬉しいことを。けど中々口達者?とか思いながら、けれども少しでれついちゃいました。『僕ミルク(彼女の家で飼っていた犬)と散歩してくる!』と言って、外へ飛び出していきました。

 

悩み相談
亀頭のブツブツ 智也

   今高1なんだけど亀頭のブツブツで悩んでます。これってコンジロームってやつなんですか?コンジロームって病院いかないと治らないんでしょうか。人からうつるってきいたんですけど僕は性行為の経験ないんだけど性行為しなくても発症するもんなんですか?誰か教えてください

 

Hな話
発展場24会館 けん

   おととい新宿で買い物をすませて暇していたので二丁目にバディーを見に本屋に行きました。立ち読みをしていると視線を感じ隣に19歳くらいのさわやかな男の子が僕をみていました。バディーを買い外にでるとさっきの子がついてきました。怖くなった僕は早歩きになるといきなり僕の手をつかみ話しかけてきました。『タイプなので今から遊ばない?』僕は急な事でビックリし言葉がでませんでした。すると『俺の事タイプじゃないならいって』内心こんなさわやか系におそわれたい♪今にでもやりたいと思っていました。恥ずかしかったので首を横に振りました。すると『じゃあ暗いところにいこう』といってきました。

 

恋愛話
長い上につまんねー話 かえる

   今日、好きな奴のうちで遊んた。そいつはひとつ下の後輩で仲が良く、今日は『バイハ(バイオハザード)やろう!』と珍しく俺から誘った。そいつの家に着くと早々に「あ、これ、遅くなったんすけど誕生日プレゼントっす。」とかいって、袋に入った革の財布を渡してきた。1000円の値札付き。誕生日なんてとっくに過ぎてて、そいつからは何も言われず『なんだ、素っ気ねぇな。』とか思ってたけど、1000円の値札が付いてて、不格好だったりしても、後になってくれると逆にうれしい。なんでもない顔して渡しやがって。悔しいけど、カッコイイじゃん。遊んでるとき、奴の携帯に何回かメールがきた。ゲーム中だったから結構無視してたけど、きっと彼女からだろうな。卒業式の日に、自分の想いを全部あいつに伝えて、奴から離れようと思っている。というか、今の自分とあいつの微妙な距離に我慢できなくなって、いっそのこと嫌われてしまおうと思っていたので返事なんてどうでも良かった。今日自分から誘ったのは多分、高校卒業の前に一回くらい二人っきりで逢ってみたかったんだと思う。嫌われる前に、最後にもう一度。ふと部屋の机の上にある写真に目を向ける。小さい頃の奴が笑って写っている。この笑顔に俺は惚れたんだなと思った。そして隣にいる現在の奴を見る。守ってやりたいと思う。告白して傷つけるかもしれないのに矛盾してる。けれど、一緒にいるといつかもっと傷つけそうだから。だから離れる。その決心は、あいつのためなら揺るぎはしないと思っていた。帰り道、来たときと同じように駅まで送ってもらった。そして別れ際。「今度は○○○(俺の卒業後の引越先最寄り駅)っすね!」「・・・あぁ。」揺らいだ。こんなにも簡単に。さんざん悩んで出した結論なのに。自分の決意はそんなに浅はかなものだったのかと思った。けどそれ以上に、『こいつを好きになれて良かった。』と思えた。こいつのおかげで、吹っ切れた。俺はこいつの幸せを願おう。俺はこいつのいい先輩であり続けよう。なぜだかわからないけどそう思えた。告白はまた次の機会にとっておこう。俺も奴も、もっと大人になるまで。お互いの幸せを見つけてから、『俺、おまえのこと好きだったんだぜ。』と笑いあえる日まで。

 

悩み相談
『好き』の意味 しん

   好きな人がいます。去年同じクラスで仲良くなって、だんだん好きになっていきました。今まで、好きな人ができるたびに辛い思いをしてました。今回もそんな感じやろなぁーって思ってたら、こないだその人からメールが来ました。MDプレイヤー貸してっていう普通なメールやったんやけど、最後の方でこっちから「いつでもメール頂戴な!」って送ったら、『ワカッタ!しん好きやで(^^)v笑"』って返ってきたんです!これってどうなんでしょう??ノンケが男友達に好き発言ってするもんですかね??ジョークだとしたらありかもしれないけど...何か思ったことがあったら何でもいいんでレスして下さい。お願いします。

 

Hな話
体育の先生との関係9 だんじ

   『体育の先生との関係8』の続きです。達也サンは先生が通っているジムの常連サンで意気投合し、親しい仲にあるそうです。  ピンポーン  「開いてるぞ」すると達也さんが入ってきました。ジョギングしていましたって感じのジャージを着ていて、第一印象は.........熊!!って思いました。もみあげがあり、短髪、ガニムチ、髭。体毛が濃い。またしても僕のタイプでした。「君ぃが中学ん子かぁ、かわええなぁ」「あ、ありがとうございます」「この子はケツいけんの?」先生は何も言わず、ハダカのまま、僕に近付き、耳元で「達也に可愛い顔しながら、あんまりいじめないでくださいね、って言ってみ」といったので、僕がそういうと「なんちゅうかわいさや!俺がかわいがってやるからな」と喜んで、僕を抱き抱え、布団へ行った。先生と達也サンは全裸になり、僕はパンツ一枚で寝かされました。先生は僕の乳首をもてあそんでいると、達也サンは僕の両足を持ち上げ、顔をパンツに近付け、「こんなに小さな子供のちんこ見るんは初めてやなぁ。でわ」と言って達也サンはパンツの上からペニスを舐めて僕は声を出さずにはいられませんでした。「あぅっ、」「かわええなぁ。」ぺちゃぺちゃ音をたててなめられているので、ペニスはすぐに勃起して、パンツからはみ出てしまい、直でしゃぶられ、口に入れたまま舌でなめられて、僕は「あぁぁぁぁぁ、ぅぅぅぁぁ」と叫んだので先生が僕の口にペニスを入れてきて、「ほら、しゃぶられながら、しゃぶってんだよ!おいしいか??」と先生がいうと、達也サンが「この子の声ききたいから、俺穴とタマをいじめるから、棒の方しゃぶってやってくれ」すると先生は「こいつタマ舐められると声でかくなるし、すぐイクからさ」「いかせようや、何度も何度も」そして下半身を全ていじめられ、僕は感じるままに喘ぎ、体から反射的にびくんびくんしてきて、先生の口にすぐ射精してしまいました。「いったときの顔と声最高やな!!!」僕はその後三十分くらい無抵抗のまま、下半身をもてあそばれ、二回射精してしまいました。「俺我慢できねぇや」達也さんはペニスをいきなり入れてきて、びっくりした僕は思わず、「やだ!!」と言って、達也サンを押し返したのですが、「その反抗する感じが最高や!!俺は満足するまでやめへんからな!!」達也サンのペニスがずぶずぶ入ってきて、すごく痛かった。大きいし、なんせいきなりだから...「達也はな、強制的にヤッたり、いじめるのが好きなドSやからな」僕は両手を頭の上で支柱と縛られ、抵抗できないようにされ、ただただ犯されてしまいました。口には先生の巨根、ケツにも巨根。しだいに腰が早くなり、痛さより、感じてきて「あっあっあっあっあっ、もぅぅだめっすよぉ、ぉ、ぉ」「だめじゃねえよ!!」さらに腰を早くしてきて「だめ~~もぅぅぅいや~~」ピストンはさらに激しくなり、僕は涙を流しながら、「やめ、、て、、く、だ、さ、い、ぃぃ」すると、穴からペニスが抜かれ、やっと終わった~と思っていると、横たわる態勢にさせられ、片足を持ち上げられ「やめるわけねえだろぉ(ヘ`∀´)/」といって再びピストンがはじまりました。先生の巨根は僕の顔のすぐ前にあり、先生は僕の顔の前でしこしこしはじめて、僕の顔を射精しました。あいかわらず僕はずぅっと突かれて、次第に慣れてきました。気持ち良さとペニスはピークに達して、突かれたまま射精すると、達也サンも僕の中に射精して、でもペニスは抜かないで「妊娠するように、ザーメンかきまぜてやるから!!」といって、しばらくは僕の穴をぐりぐりしていました。僕は疲れはてて、そのまま寝てしまい、気が付いたら夜の八時で、ハダカのまま布団の中にいました。立ち上がり、リビングに行くと、達也サンと先生が飲んでいて、「おきたか、疲れたか?」「はい、でも大丈夫っす」達也サンは笑いながら「君ぃよかったよ~久しぶりに燃えたよ、あまりにも可愛いからさ、君が寝たあとも、君ぃのちんこをずっと舐めてて、んでタカ(先生)とエッチしてたんや!」「達也はどうやった?」「すごかったです。なんか最後はもっともっとって思ってた。」「第二部は寝る前だから、風呂はいってきな、飯準備しといてやるから!!」と達也がいったので「またやるんすか??」と思わず聞きかえしてしまった。でもその時は嬉しかった。第二部が予想を遥かに超えるプレイになるなんて思ってもいなかったから...............つずく

 

悩み相談
友達になるには まひ

   コンビニの店員さんでちょっと気になる人がいて友達になりたいんだけどどうしたら自然な感じで友達になれますか?「友達になってください」って言うと絶対変に思われそうぢゃないですか(/_;)

 

Hな話
家庭教師の思い出 mildseven

   これは、家庭教師だった僕と、その教え子だったTとの話です。僕は、Tの家庭教師を、小学校6年生の一年間やっていました。Tが小学校を卒業するのを機に、家庭教師を終えたのです。ところがそれから3ヶ月位したある日、僕の元に一本の電話がありました。電話の主は、Tの母親でした。中学校の勉強に少し苦労しているようなので、もう一度勉強をみてやってほしい、という内容でした。幸いにも僕には時間がありましたし、Tは元々頭の良い子で、僕としても教えていて楽しいということで、その申し出を快諾しました。そして、再び始まった家庭教師の初日。久しぶりに会ったTは、少し背も伸びて、声変わりも始まっていたようでした。部屋に入って、学校の様子などの話でひとしきり盛り上がり、次回の日程の調整をして、その日は何事もなく終わりました。それが何回か続いたでしょうか。夏休みに入る前だったと思います。その日も同じように、僕は数学の問題集をTに解かせていました。Tが問題を解いている間、僕は何気なく部屋の中に目をやりました。すると、足元に学校の教科書やらノートやらが積み重ねてあります。Tは私立の中学に通っているので、どんな内容をやっているのか興味がありました。英語や数学のプリントが何枚かあり、その中に一枚、保健体育のプリントがありました。中学一年の保健のプリント、そう、第二次性徴のプリントです(笑)。プリントを見ながら、「ああ、こいつもそろそろ年頃やなぁ」と思い、ちょっとした悪戯心が出てきました。Tが問題を解き終わり、ちょっと休憩というときに、それとなく聞いてみました。「T、お前もうアソコに毛生えたか?」Tは少し驚いたように目を丸くしていましたが、「え・・・、あ、はい・・・」と答えました。僕は変に警戒させないように(と言ってもやましい気持ちがあったわけではないのですが)、明るい声を出しました。「そうなんか、よかったなぁ・・・で、いつ頃生えたん?」「えっと・・・5月位やと思うけど・・・」そう言うTの様子は少し恥ずかしげでしたが、もう少し踏み込めるかな?と思い、質問を続けました。「そしたらもう結構生えとるやろ?ちょっと見してみ」途端にTの表情が曇りました。「え、いやーそれはちょっと・・・」何度か催促してみましたが、Tは頑なに拒み続けます(まぁ当たり前ですよね)。そこで僕は方針を変更して、こう聞いてみました。「何やお前、こういう話苦手か?」Tは戸惑った様子でしたが、「いや、苦手ってわけじゃないけど、見せるのはちょっと・・・」と言います(まぁこれも当たり前)が、これはある意味誘導尋問ですね。「そんならちょっと話しよや。お前もう精子出るんか?」「んー、それはようわからん」「朝起きたらパンツに白いのついてたりせーへんか?」「・・・それは・・・時々・・・」「それが精子やねんけどな・・・自分で出したことは?」「・・・」「オ○ニーとか知らんか?」「うーん、学校で友達とか話しとるけど、したことないしやり方わからんし・・・」という具合に、いろんな情報を引き出してしまいました(笑)。やり方教えたろか?と口にしそうになりましたが、時間も時間でしたし、何より警戒されても困ります(何によ?)。その日はそこで休憩終了。

 

恋愛話
思い出したくなんてなかった。 大神

   昨日。高校の同窓会がありました正直オレはあまり行きたくなかったもちろんクラスの友達と久しぶりに話しをしたいとは思ったけど、会いたくない人も居た...結局、友達に会いたいという気持ちに押されたんだけど...。夜の居酒屋に次々懐かしい面子が揃ってくる、懐かしい~。久し振り!。元気だった?周りから懐かしい声が飛んでくる「大神じゃん、まじ久し振り!」「あ、大塚だ。」当時、仲の良かった大塚がやってきた「最近メールせんから淋しかったW」語尾の気持ち悪いアクセントにオレは昔のように「キモいし。」言ってやった。「へへっ、それは相変わらずだなぁ。」「そちらさんも相変わらずのようでぇ。」オレ達は笑った。人はまだまだ入ってくる。あの日の教室のように埋まっていく。だけど...あの人はまだ来てないな。

 

悩み相談
誰か知ってる? やす

   最近痩せようと思うんですがなかなか体重がおちません(>_

 

Hな話
好きな人のロッカーに 版

   ちんこ擦り付けました。本当に好きで好きでたまりません...ロッカーの取っ手なら必ず触ってくれるだろうなぁって思って、取っ手にちんこをつけました。もぅそれだけでビンビンになってしまって...興奮しました。俺って馬鹿だな。もし見てくれてたら声かけて下さい。

 

悩み相談
時間 じゅん

   俺はノンケにばかり恋してしまいます。特に野球部!!ホントに野球部が毎日朝から夜遅くまできつい練習して甲子園に向けて努力する姿にひかれています。ですが、恋する人はノンケ。時間の無駄と言う人もいるとおもいます。どなたか、野球部の人と付き合ったって方いませんか!?よかったらレス下さい!!

 

Hな話
ロスで1 拓也

   去年、大学の友達一人と旅行でロスに行きました。 そこで日本にもあるコンドマニアを発見し、入ってみることに! 店内を見てみると色々なコンドームがあり、友達とバカウケ。 で、ウケついでに旅行記念で日本にないようなコンドームを買いました。 その夜、明日の支度とかも全て終えてたから、二人でホテルのテレビを見ていると、急に友達が「ねぇ、さっきのコンドームが気になるんだよね。」と言ってきました。 だから俺が「じゃあ見てみる?」と言い、パッケージを開けました。 俺は付けてみたくなったので、「ちょっと付けてみるから向こうむいてて」と友達に言いました。

 

恋愛話
やっぱりダメかな... Next Zone

   今日気になる子を含めて、3人で遊びました♪話しが盛り上がるにつれて、恋愛の話しに...笑"自分は周りにバイとばれたくないので、その場のノリでぉぉげさに語り、好きな女の人がいるみたぃな感じに話してしまいました...

 

悩み相談
悩んでます... りょう

   好きな人がぃます♪でもその人ゎノンケだし...↓↓でもォレがふざけてチンコを揉んだトキもぁんま抵抗しなかったんです↓↓でも...。高校もちがぅんで告りたぃんですケドみんなにバラされたら困るし......↓結構仲がィィ人なんで...どぅしたらィィですか??

 

Hな話
公園の銅像 勇斗

   全裸になって全身に絵の具を塗って、夜中に公園に行って、銅像になったつもりで思う存分露出する。自慢の筋肉も勃起しきったチ○コもさらけ出して。こういうのやってみたいな

 

悩み相談
分かる方いませんか? ゆう

   どなたかゲイかノンケの判断できる方いませんか!?メールいただけたら、くわしい関係を送ります。よろしくお願いします。

 

Hな話
俺の秘生活 ゆうた

   俺は現在大学生。そんな俺は、実家に帰ったらノンケの友達とオナニーしあうのが決まり。正月も一緒にオナった。奴もかなりたまってたらしく、そっこうぶっぱなしてたよ。普通にちんこ触らしてくれるし、イケメンなのに包茎なのがまたいい。イク時の顔がまたたまらねぇ。また一緒にオナりたいな。

 

恋愛話
終わっちゃいました ほたる

 
  今日付き合ってた人と終わりました。彼はほぼノンケでした。学校の後輩で、とても優しく大人っぽい彼を好きになりました。彼と付き合った期間は8ヶ月間。ほぼノンケですから、Hまではなくあるのはキスだけでした。本当に好きだった。本当に愛してた。ずっと一緒に居ようねって話してたのに、やっぱりずっと一緒には居られなかった...。でも!!別れた事に後悔はしてないです!好きになってはいけない人を好きになり、付き合えないと思った人と付き合えたから。。僕は世界一の幸せものだって胸を張っていいたいな。すいません。ちょっと素直な想いを書きたかったのでm(__)m

 

悩み相談
かなり悩んでます... ワタ

   今年高1になります。前までは結婚したくないと思ってたし子供もいらないと思ってました。だけど今はすごく子供がほしいと思うようになってきました。でも俺はゲイだし男同士で子供作れないしどうしたらいいか分かりません!だれかアドバイスお願いします!

 

Hな話
男達の背中は淋しいとは言わない 香夜

    午後三時、一週間前に購入して袋を開いたままの防虫剤の臭いが部屋を漂う。確か中学の頃、物理化学の実験で使った薬剤で、ナフタレンとか言ったっけ。甘酸っぱいような決して嫌な臭いではないけれど、身体に悪そうだ。しかも防虫剤だから。 僕は二十代そこそこのくせに、2LDKのいい部屋に住んでいたりする。いわゆるゲイバーというとある人種の為に作られた隠れ処でホストみたいな仕事をしているからである。ホストみたいな、と言う事が出来るのはつい二、三年前まで働いていたからで、何故女から男を相手にする仕事に就いたかと言えば、実際のところ、僕の性的指向が男に向いているからだ。所謂、ホモと呼ばれるものだ。 チャイムが鳴った。客だ。「いらっしゃ~い」僕は名前ぐらいしか知らない客を家に入れる。昨日店に来た客で、仕事用の携帯の番号を渡した男だ。 僕はこれからこの男(三十前後かな)とセックスしなきゃいけない。「シャワーは浴びてきた?」僕は彼に問うた。「ごめん、寝坊しちゃって」「じゃあ、此処使って」僕の家のシャワーを貸す。本当は知らない人間なんかにシャワーなんか貸したくなんかないけれど、もう慣れた。金の為さ。 急に彼が僕を両手で突き倒した。「ちょっと待ってよ、シャワーぐらい...」「うるさい、金払うんだ、早くヤラセろよ」まあいいや。金の為。僕はもう麻痺してしまっている。金の為なら何でもするらしい。「ここ床の上だしさ」「構わない」彼は急いで服を脱いだ。パンツ一枚になって僕の上に乗っかっている。彼のモノは既に勃っていて、トランクスの下から先っぽがはみ出している。高校の頃はこんな事に興奮したっけ...。今じゃ毎日見ているからこんな事じゃちっとも興奮しない。「口でしろ」「いやいや、コンドームぐらいしてよ」「はやくしろ!」「わかったよ...」吐きそうだった。見知らぬ人間のモノを生でくわえなきゃならない。「やっぱりプロは違うね、フェラ一つでこんなに違うんだ」男ははぁはぁ息を荒げて喉を鳴らした猫のように気持ち良さそうに言った。あぁ、嫌になっちゃうよ、こんなに気持ち悪いのに、僕の下半身は既に反応しちゃってる。若気の至りかな。「おお、君も感じてるんだね、こんなに大きくしちゃって」僕の下半身を何でも鑑定団の先生が何処ぞの陶芸家の作品でも撫でるみたいに触っている。「ピクピクさせちゃって、この淫乱少年」そうやってS気取りで挑発すれば興奮すると思っているらしいけれど、別に吐き気は収まりゃしない。勿論若くてピチピチの僕の息子さんはとっても反応してる。「部屋片したら?若いと他人としたってズリセン出来るわけだ」恥ずかしいけれど片付けの苦手な僕の部屋はアダルトビデオが転がっている。といっても僕のじゃなくて客がおすすめとか言って勝手に置いていったやつなのだけれど。「もうイキそう...」「いいよ、出して」烏賊臭い精液を口の中で漏らす。ああ、苦い。しかも量が多い。けれどしっかり飲み干す。「いやー、スケベだね、ザーメンなんか飲んじゃって。相当好きだね」違うよ。サービスだよ。わかってないな。テメぇのなんて飲みたかないわ。「じゃあさ、そろそろ、入れていい?」「今度こそゴムつけてよ」「まあ、固い事言わずに、ね、生の方がいいじゃん」はっきり病気になるのが嫌だとかエイズの危険があるなんて言ったらドン引きだ。「今回だけね」彼は自分のモノに持参したローションをたっぷり塗りたくって僕の肛門に一気に突き刺す。僕も最初の頃はいたかったけど、今じゃもうガバガバで。慣れというものは恐ろしい。「うわ~、ガバガバだとおもったけれど、結構中は締まりがいいね、最高だよ」「そりゃありがと」僕と彼は今向き合っている。彼の顔は十段階で言うと六ぐらいだった。体つきもそんなに悪いわけじゃない。しかし息が大層タバコ臭かった。僕はタバコが苦手だ。祖母と母ヘビースモーカーで、祖母は小学校の頃肺癌で死んだ。母も声がガラガラだ。実家の壁は脂で茶色くて、トイレでタバコを吸ったりするので、彼女らが出た後はものすごく異様な臭いがした。大便の後は一時間は入れない。仕方ないから近所の公園まで走っていったりした。だから中学の頃、周りが粋がって吸いはじめたときも一回も吸った事はない。 そうこうするうちに彼のピストンが速くなった。大して気持ちがいいわけではないけれど、少し大袈裟に喘ぎ声を出してみる。すると彼はものすごく嬉しそうに笑う。テメぇなんぞに掘られたくらいで気持ちがいいわけないだろう。「そんなにいいかい?」彼はバリトンヴォイスで喘ぎながら言う。勿論僕は「ああ、今までで一番気持ちいいよ」彼はとても上機嫌だ。「もう、イキそうだよ」「もう?」「いいだろ、中でさ」「うん...」「あぁ...」やっと終わった。はあ、一息。「もう一回口でしてもらってもいいかな?」三十の親父は体力があまりなさそうなのに、彼はとても元気のようだ。「いいよ」 これから何人のモノをくわえなければならないのだろう。空しい人生だ。「やっぱり最高だよ、君のフェラチオは」僕は最低です。 こんな生活から抜け出したいとは思うけれど、やっぱり高校中退の人間が全うな仕事が出来るほど世の中は甘くない。「今までどれくらいの人としたの?」「数えたわけじゃないからわからないけれど、三十人ぐらいかな」「結構少ないんだね、三百ぐらいかと思った」本当はそれ以上、けれど言えない。「凄いいいよ」「ありがとう」「もうだめだ、出る」「どうぞ?」苦くて粘り気のある白濁した液体が喉を通る。「シャワー貸してね?」「どうぞ」 男が出てきた午後五時。あと一時間で出勤。「また来てもいいかな?」彼が服を着ながら言った。「勿論、電話してね?」「そういえば彼氏とかいるの?」「いないよ」「どれくらい?」「五年ぐらいかな」本当は一週間近く前にフラれたばっかりだ。凄い落ち込んでいるのに。「じゃあ、さ、俺とかとつき合ったり、出来ない?」「いや、可能性としてなくはないけれど、未だ知り合ったばっかりだし、さ」絶対にごめんだ。「じゃあ、彼氏になれるように頑張るよ」絶対に無理。「じゃあ、店にたくさん来てね?」「うん!」「よろしく」「そろそろ出勤でしょ?」「うん」「一緒にいかない?」「ごめん、ちょっと用事があって」「そっか...」「ごめん」「いや、いいんだ、今日何時頃店出る?」「八時前かな」「わかった、待ってる」「ありがとう」「じゃあ、今日のお金」彼がお札を差し出す。「こんなに?十万も?」「うん、サービスのお礼」「ありがと」本当は五万円也。「じゃあ、お店で」そういってやっと彼は帰っていった。「おえぇえ」トイレで吐いた。 僕は拒食症だ。朝食(というより三時のおやつ?)のレトルトビーフシチューと精液とを全て吐いた。ラベンダーの香りと一緒にさよなら。「いつまでこんな事が続くのだろう」絶望感に浸ってしまう。 それなりに楽しい仕事場は、辛い事もそれなりにある。しかし、我が儘言っていられない。僕はもうこの生活に慣れてしまった。月収が百万近い生活。欲しいものはそれなりに手に入るわけで、物欲の押さえ方を知らないのだから。  店内に入るとさっきの彼がいた。タバコ臭い店内。ああ嫌だ。 なんの責任もない僕はただただいつものように死にたいなあと思う。多分死ぬのは恐くない、きっと死ぬのも簡単だろう。けれど、何故か死ねないで中年の親父や、おもしろ半分で入ってくる女性客の相手をしている僕がよくモテているという奇妙な状態が、僕を優しく包み込む。

 

悩み相談
サイアク・・・ ゆうき

   つい先日募集でメールをくれたア○ヒトという人が、泊りにおいでというので○○土○駅というところまで行きました(約2時間)その手前の○川という駅までなら迎えに行ってもいいよと言ってたので安心してたら迎えの様子もなく、家について1時間ぐらいしたら仕事あるから出て行ってとか・・・。電車賃も出してくれるといっていたのでわざわざ来たのに電車賃もくれずに追い出され、、、野宿覚悟のところ掲示板でHELPしたら好意によりわざわざホテルをとってくれてなんとか助かりましたが。。。いまでもムカムカしておさまりません...↑ちなみに関東顔写真掲示板で募集してました(自

 

Hな話
健康ランドにて タワレコ

   オレは今大学一年で、入学してすぐに大学の「ザ・マッタリサークル」という色々な癒される場所に旅行に行くという妙なサークルに入りました。んで夏にイベントで、とある健康ランドにサークルのみんなで行ったんですよ。みんなは健康ランドの外にある大型レジャープールに興奮して、健康ランドに着いた途端全員で一目散にプールへ駆け込んでいきました。でもオレはイベント前日、バイトが朝まであって一睡もしていなかった為、プールに入る気力は無く、健康ランドの室内を浴衣に着替えプラプラ散歩してました。するとなにやら「仮眠ルーム」とか言うルームを発見しました。ほんと眠かったのでトボトボと入ってみると、100畳くらいの大きな畳の部屋に、50個の布団がズラーッと並んでて、老若男女問わず子供からおじいさんまでの20人くらいがグッスリ寝てました。ちょっと抵抗あるな~、この布団ジジ臭いし~...とか思いつつも、睡魔には勝てず、一番角の端の布団ががちょうど空いていたのでそそくさと、そこに潜り込みました。

 

恋愛話
2.年ぶりの再会 龍清

   別れてから2.年が起つこの時。俺は元彼に会った。彼が寝てたヶド、枕元に行って声掛けた。「久しぶり」の一言で涙が流れそうだった。とにかく一緒に布団に入って、話をぶつぶつと・・。来て良かったのだろうか。彼は迷惑じゃなかっただろうか。俺には新しい彼氏がいるコトなんて知ってた。ヶド、会いたかった。ずっとずっと掛からない電話に電話してたから!彼にアド教えても来ない。来ないなんてわかってた。そんな俺、今日も掛からない電話に・・・。俺、彼の声を覚えてるヶド。顔を忘れそうで怖いんです。

 

悩み相談
早漏です S.O

   早漏なんですけど直し方ってあるんですか??自分でやっても絶対に二分ももたないんです。直らないもんなんですかね?

 

Hな話
公衆トイレ 朔ちゃん

   俺は若いリーマンです。今は相方もいて、仕事も充実してる毎日です。俺は夜10時過ぎに帰宅するんだけど、会社帰りに必ず駅近くの公衆トイレに寄ってしまう。体のサイクルでこの時間にトイレに通う癖がついてしまったのだ。なぜ駅のトイレを使わないかというと落ち着いて用をたせないからだ。いつものように個室で用を足していると、この時間にこのトイレに来る人は滅多にいないのに誰か入って来た。しかも足音は一つじゃなく二つだった。驚いたことにその二人組は一緒に個室に入って行った...。

 

悩み相談
ゲイバーで わたる

   いきつけのゲイバーの子と、ついこないだ映画行こうって約束してて、当日にはその時間に来なかったし、こちらからメールしても返事こなかった。電話も出なかった。あとで違う子に聞いたら寝込んでて来れなかったらしく、日あいてから一言言うかなと思って黙っていたけど何も言わなかったから、こちらから一言ないのといいました。しぶしぶ謝ってきました。僕の事嫌なんだろうか?

 

Hな話
俺の露出(1) しゅんすけ

   俺、今大学1年で峻介って言います。高校まではトランポリンやってたんすけど今は体操部に所属して日々トレーニングに励んでやす。正直自分でも惚れ惚れするくらい筋肉質で、腕とか胸とかマジすごいんです。太腿もパンパンに張ってて超セクシーなんすよ。鏡の前で筋肉を強調させたセクシーポーズをとる俺。マジイケてるよ。俺だったらすぐにバディとかのトップモデルになれると思う。俺って完全にナル入ってるよな。見られるのがすっげー好きなんで、競技してるときも、いつも心ん中で(もっと俺のエロい筋肉見てくれよ)って思っちゃってます。溜まってて興奮してるときは、(全裸で勃起させながら競技したら最高だろうな、マジ)って心ん中で叫んでます。

 

恋愛話
(´・ω・`)/ レン

   俺はいつものようにカズキと遊びました。カズキに駅まで迎えに来てもらってカズキの家へ。最近では前みたいにズットくっついてるっていうのはなくなり、お互いに楽な格好でくつろいでいました。テレビを見たりその日1日にあった事を話したり、会話が途切れる事はないんですけど、何か物足りなさを感じていました。ほとんど毎日のように遊んでいるので、ドキ②感もなくなってきました。カズキも前みたいに俺にくっついて来ないし......【泣】家に1人でいる時"俺に飽きちゃったのかな"とかイロ②考えちゃって考えすぎて泣く日だってありました。3月27日。とう②カズキから衝撃の言葉を言われた。『別れよう!!』俺は別れを言われる覚悟できていたし『わかった』とだけ答えた。そしたらカズキからの返事はなし。俺は泣く事さえしなかった。3日間の間、俺は夜になると泣いていた。いつもは隣にいてくれたカズキが今はいない。カズキがいないと不安で.........落ち着けないしイラ②してくる。こんなにも自分の中でカズキが大切なのか必要なのか身にしみてわかった。カズキって言う言葉に過剰反応してしまうし、なぜか学校帰りにカズキの家の方へと足が向いてしまう。カズキに会いたいよ.........。カズキと話したいよ.........。そして昨日の3月2日。カズキの家に行った。でもカズキはいなくて、俺はカズキが帰ってくるまでズット外で待ってた。"ストーカーみたい"と自分で思いながら、カズキの帰りを何時間も待った。俺は学校帰りというのもあり制服だったので寒くてしょうがなかった。元々体が弱いくせに何時間も外で待っていたせいで鼻水は出てくるし、頭は痛くなった。そしていつの間にかその場に座ったまま寝てしまった。どんくらい寝てただろう......。寒くて起きて、カズキの帰りを待った。まだ帰って来ない。その日6時間カズキを待ったけどカズキは帰ってこなかった。泣きながら家に帰った。『やっぱりドラマや漫画みたいにうまくはいかないよな』と思った。幸い風邪はひかず今日は学校に行けた。もうカズキには会えないのかな.........でもこれ以上カズキには迷惑をかけられない。MAILを送りたくても送れない自分がいて。突然カズキの笑顔が頭をよぎり自然と涙が溢れ出したりもする。カズキがこんなにも好きだったなんてわからなかった。慣れって怖いね。カズキの温もりはもう感じれない。でもこれからはカズキ以外の男に恋をしないだろう。できないと思う。

 

悩み相談
姉さん、事件です。 サッカー大好き少年

   はっきり言うと、困ったことがおきました。実は、ノンケの友達と遊んでいるときに、ちょっと、ふざけていやらしい事されて感じた声を出してしまいました。そのときから、その友達にもしかするとゲイじゃない?と言われました。それは、正直(本当は、バイだけど。)なことなんだけど。どうすれば、そんな疑い、消えるかなあ?

 

Hな話
体育の先生との関係8 だんじ

   久しぶりに書きたいと思います。これば『番外』の続きじゃないです。体育の先生の話です。『番外』は近々書きます。これは僕が中1の時の冬の話です。部活が終わった後、前のエッチから一週間くらい経った時、体育教官室に行きました。「お疲れ様です」僕が入ると先生はすぐに「ちょっとこっちにこい」と言いました。いつものことなので僕はカバンを置いて先生の座る前に行きました。今日もいつものように抱かれるのかと思ったのですが......「最近、お前、かず(僕の先輩)とエッチばっかりしてねえか?俺に隠れて」僕は焦って、何も喋りませんでした。「俺はしてもいいとは言ったけどバレたら危ないから、この部屋でしろと言ったよな」「......はい」すると先生は立ち上がり、僕を見下すように「俺は嘘が嫌いだ、もう二度とこの部屋に来るな、かずにも言っとけ」「え?イヤです!!ごめんなさい、これからはこの部屋でしますから!!先生が好きなんです!」「俺もお前気に入ってたがなぁ、最近はわざと声出したりしてねぇか?」図星だった。先輩とのエッチはすごく興奮するのだが、先生のはマンネリしてきたのかもしれなかった。でも「そんなことないです!」というと「じゃあ一度抱いてやるから、それで俺を満足させ、なおかつお前が俺の奴隷になるなら、なかったことにしよう」「ありがとうございます」「俺は今から会だから、明日土曜日ここに来い。そして俺の家に泊りにこいよ!一人でだ」当日、先生の家に行きました。俺のは借り家だから周りは気にするな、と言った先生はまだ昼だというのにビールを飲み始めた。僕は先生の隣に座り、杓をした。「飲むか?」「まだ中学生ですし」「だよな...」先生は一人で黙々と飲んだ。「おい、そろそろしようか」そう言ってきたのはビール三本くらい飲み干したときだった。「お前が好きにしろ」と言われ僕は服を脱ぎ、先生のペニスを舐め始めました。「おぅ!さすがにフェラは上手いなぁ、そんなに好きなんか?」僕は夢中でしゃぶりついた。「気持ちいいぞ~」しだいに先生のペニスが固くなり、みるみるうちに大きくなってきた。先生は腰をふりはじめ、「そんなにチンコ好きか?」僕はうなずいた、先生は僕の尻をさすり、穴に指を出し入れしてきた。僕が大好きなプレイだ。「ほらほら、指はいっちゃうぞぉ、」「んぐぅぅぅぅ」僕は感じながらしゃぶりつき、尻を振った。「可愛いやつだなぁ.........」僕の頭を撫で、穴に指を入れ、僕のペニスはそそりたった。ホウケイのため、感じやすい僕のペニスはすでに汁が垂れていた。「そうだ、俺のダチも呼んで3Pするか?」「え?」正直イヤだった。先生一人とエッチするだけで超感じるのに、3Pだなんて。先生は僕に電話をもってこさせ、「もしもし、達也?いいやついるから3Pしねぇか?そう、中2の。超可愛い。家にいるから道具はいらねえから。あぁ、別にいいけど......暖房?あぁ、付けてる......わかった、じゃあ急げよ」と電話をすると「達也が競パン履かせててって言ってるから」と言って、立ち上がり、押し入れから競パンを取り出した。先生は服を脱ぐのを忘れていたのを思い出し、僕の目の前で脱いだ。超大きな体に巨根、筋肉、髭、短髪。すばらしくエロかった。競パンはちょうどよく、でも、ペニスが納まらない。「達也来る前に平常に直しとけよ」僕はトイレに行き、おしっこをして、平常に戻した。十分後、呼び鈴が鳴った。 つづく

 

悩み相談
告白したい! かずま

   僕は中3なのですが(今年で高1です)中2の後輩に一目惚れをしてしまいました。けど、その子とは何の接点もないので話もできず、ただ呆然と眺めているだけで月日はたってしまいました。はっきり言ってもぅその子と会う機会は今度の離任式だけです!だもんでだめもとで告白してみたいんです!ィロィロ考えましたがいい考えは浮かびませんでした...。 こんなこと聞いてもしょうがないと思うんですが...どぉやって呼び出して何と言えばいいのでしょう? もぅ頭がこんがらがりそうです(>_

 

Hな話
年下の彼氏 たま

   僕の恋人は中学一年生。まだ制服の学蘭がダボダボです。          僕は高校二年。出会いは僕の学校の文化祭。僕の店のお客さんでした。僕のお店はカフェで僕はボーイ。 ホットココアを頼まれて溢して火傷させてしまったのがきっかけです。保健室で僕が体を拭いてあげてると顔を真っ赤にしてアソコを抑えていました。『どぅしたの?』と聞くと、僕が拭いてるときにたまにアソコに手が当たっていたようで......『なんでもないです。ありがとうございました』といったので、白々しく僕は『火傷の後があるかもしれないからズボン脱いで見せて?』と聞くと、少し驚いていたけどやけに素直に脱いでくれました。やけに細く白い体に良くは見ていなかったが、女の子と見間違う容姿、それにびっくりしたのが、ブリーフだったこと。笑 しかもアソコはたってる。僕は気が付かないふりをしてベットに座らせて、わざとアソコを触った。『ぁ、はぁ』とか細い声を出した。僕は意地悪く『痛いの?』と聞いた。すりと突然声をあげて泣きだし『僕っ僕っ』ってずっと恥ずかしそうに泣いているのでまた意地悪く『どこが痛いの』って聞くと以外にも『ちんちん』と答えた。『ちんちん痛いの?ぢゃぁお兄さんに見せてね?』と聞くと軽く頷き、自分からパンツを脱ぎました。さきっぽは透明汁で艶々して、毛はまだ生えていませんでした。僕が『治してあげようか?』って聞くと解っていたかのように目を瞑ってコロッと寝転びました。この年でもぅ......と思いながら僕はお尻に手をやりほぐし始めようとすると、以外にもすんなり入ることに驚いた。すると『あんっあんっ』と指に合わせて喘ぐ。そして数分で果てた。お尻だけで。Hな体だね?って聞くと顔を抑えながら泣き始め俺は優しく抱いてやるしかできなかった。そして止められない理性がそこにあり『俺もちんちん痛くなっちゃった』って耳元で言ったら、困った顔で見上げたので『舐めて?』っていったら照れながらまた頷いた。俺の大事なとこを小さな口が上下に動く。『ぅ、ぅまい!笑』これが感想でした。あまりの気持ち良さに俺も数分で果てた。口のなかにだしてしまったからゴメンと謝ったが、首を横に振りゴクンッと俺の濃いのを飲んだ。そして笑った。なんだかすごく愛しかった。俺は無意識に『なんか順番違うけど、付き合わない?俺たち』と言ってた。するとまた声をあげて『僕っ僕ッ』と泣きだし『いやかな?』って聞くと大きく横に首を振ってくれた。             後日二人でまた会った。その時聞いた話だと、彼が先に俺に一目惚れだったそぅな。笑 今でもラブラブな俺等ですがますます淫乱な彼の性欲に俺はついていけない毎日です笑

恋愛話
わからん・・・ K

   こんにちは!自分は18歳の学生なんですがぁ...今とても辛いです...っていうよりか、もうここ2年ぐらい辛いんです。それは、ある人との関係なんです!ある人とは3年前にネットで知り合った人で、今でも続いてるといえば続いているんですが何か関係がどうなのか分かりません。最初ネットで会った時からはメールを毎日してました!(4つ上のひとです)んで、1回彼のところへ遊びに行ったときから、月に1回ぐらいのペースで会いに?遊びにいってました。ゲーセンに行ったり、買い物したり、車の洗車したり...が、、しかしHも毎回するんです。Hと言っても軽くみたいな?やられる、やらされる一方で...。向こうも少しやってくるんですが...自分も時々したくなるときはあるんですけど、何か突っかかって。全然、彼氏とかじゃなくて友達感覚で普通に遊んでるのに...と思っていつも遊んでます。彼も俺も女と付き合ってたし...彼氏には絶対ならないと思った。普通の友達ならHはしませんよね??何か彼の性格は好きじゃないんですが、何か心を許してしまいます。最近、彼は付き合ってた女と別れたらしく、俺に女を紹介しろ!って言ってきます。俺も頑張って探してるんですが、なんでこんな人のために?って思うときもあって自分の心の心境が本当によく分からなくなっています。自分の立場?本当にわかりません...。もっとなんか伝えたいことがあるんですが、あまり文を作るのが下手なんで...もし相談のってくれる人がいたらよろしくお願いします!!

 

悩み相談
夜逃げって...? ゆうと

   別に借金があるとかじゃないんだけど、今の生活、仕事を全て捨てて、誰も知らないとこにあてもなく行って暮らすことは可能なんでしゅうか?今の自分をリセットしてみたいなことはできるかな?したって人いますか?

 

Hな話
the 読書クラブ12 ハレルヤ

   お久しぶりです、忙しくて中々続きが書けませんでした。良かったら、また俺の無駄に長い話を読んで下さい。その後、床で抱き合ったまま顔を見合わせて「ベット行く?」Tが視線の先で合図してきた・・ベット?!と言う響きにおれの心臓は騒ぎ始めた。「、、うん。」布団の中でモゾモゾしながら服を脱ぐと、Tが部屋の明かりを豆電に変えて、男っぽく上着を脱いだ。オレンジ色の薄い闇から浮かび上がる肉体に胸の鼓動がまた一つ音を立てていた。Tがベットに上がってきてベルトを外してジーンズを脱ぐ、聞こえてくる音がリアルで本当にTとこんな事出来るのが信じられなかった。いつも遠くから見ていたTの肉体がベットで見れるなんて、、、。「見てないでお前も脱げよ・・」更に照れくさそうな顔でそむけられたら。( もう堪らん!!!)理性がプツっと切れた、布団をどけて、Tを押し倒した。部屋が薄暗くなったせいで、俺の童貞心にまた火がついてしまった。Tのボクサーパンツに手を滑り込ませてチンコを握り締めていた。「ちょっ、バカ待て!コラ!」Tは慌てて俺の手首を掴んで、俺のケツをペシペシ叩いてきたけど、そんな順序とか抵抗は辛抱できなくて、俺は勃ち上がってるTのチンコを手で包みながら、動かした。自由の利かない手をパンツの中で、熱くて硬いカリから根元まで、ゆっくり上げ下げしてる内にTのモノも硬さを増して、握る手の間隔もどんどん太くなってきた。「お、前いい加減、その直球な、、性、格直せよ」「お前に言われたくないモンね」Tの途切れ途切れな言葉に説得力なし。あのTが俺の手淫で感じてる?そう思ったら俺も嬉しくて上機嫌に手を暴走させていた。先っぽが少しヌルヌルし始めてTはとうとう抵抗するのをやめた。そうなったらもうコッチのもので、、。滑りよくなったチンコが気持ち良いのかTが目を瞑って吐息を漏らしはじめた。「ァッ、、。」、、そんな顔すんだ、、、Tの吐き出す吐息がやけに色っぽかった、薄暗いオレンジ色の光がTの感じてる顔を映し出すと、それがまた余計生めかしくて俺の先端からもトロっと濡れるのが分かった。パンツを下げてカリの裏筋を親指の腹で円を描いたり、擦する加減を強めたりして気持ちいい部分を探しながらTの感じてる顔を眺めていた亀頭周りを包み込むように上下した途端、Tが声を漏らして俺の肩を抱くようにして寝かしてきた、「そこヤバイから、、」息が上がったTも俺のビンビンに焦れたチンコをまさぐって来た。「うぁっ!」声が上ずった、Tが俺のチンコをにぎってる?!!直で握り締められて、俺が握る手にも力がこもった。初めて人に触れられて体がビクッとなった。「お前、濡れすぎじゃないw?」「っ、う、るさ」濡らした先走りを見つけたTは意地悪く笑って仕返しとばかりにヌルヌルになったチンコを絶妙な力加減で動かしてくるもんだから、口を開けば「あっ、あっ」なんて声しかでなかった、目で見る刺激と体で受ける刺激が強すぎて俺はどこもかしこも敏感になっていた。と、言うより、Tに触れられて体が喜んでいたのかもしれない。先端から溢れる露を全体に塗りつけて、Tも俺の敏感な部分を探り始めてきた、カリを包んだままTの手首がクルクル円を描くように動かされて、思わず息を吸い込んだ。「や・・な、に・・あ、ああ」「これ、やばくない?」くすぐったいような、むず痒いような、チンコがキュウっとするような快感に俺は悶えていた。「T!そ、れ・・やめ・・あ!」「シ~、いいから。」親いるんだから静かにしろよ。と面白そうにTは唇に人差し指を立てながら、俺のモノを手でゆっくり回転させていく、ゆっくりやられる方がTの手の平の皮膚までビンビン感じちゃって、いつ爆発しても可笑しくないほど先端から。はしたない蜜がトロトロに垂れ流していた。「女みてーに濡れてるけど、どういう事?w」(ムっ!!)俺をムカつかせる必殺スマイル。いつの間にかTのペースにはまり、リードされると変な意地がでて緩みそうになる唇を噛み締めていたそう、俺は負けず嫌い・・。長いので一旦切ります。

 

悩み相談
黒いちんこ ぢぇん太

   ちんこが黒い。。。。黒くなりたくない。。。。。でも毎日オナニーしないと生きていけない。。。。。どォーしたらいいでしょうか?????まだ新中3.です。。。。毎日のようにしてたら20・30代とかになって真っ黒くろすけになりたくありません!!!!!!!!!!どーしたらいいですか??????

 

Hな話
実体験その1 part1 YuU

   僕は兵庫県に住んでいます。出会い系でよく相手を探していますがその内の1人との体験談を書きます。大した体験ではないですが興味のある方は御覧下さい。2005年の6月くらいにとある掲示板でヒデさんと出会いました。年齢は30代前半(ちなみに僕は20代前半です。)でとりあえず僕がフェラをすることになりました。場所がなかったので近くのデパートのトイレですることになりました。待ち合わせもそのトイレで僕が中に入っていてヒデさんがノックをするという段取りでした。「コンコン」ドアのノックがして「YuU君?」という声がしました。素早くトイレの鍵を開けヒデさんを中に入れました。少し細身で結構イケメン。女の人にもモテルだろうなぁというのが第一印象です。「結構可愛い顔してるね」「そんなことないです」そんな挨拶っぽい会話をしていましたが「全部見せてよ」というヒデさんの言葉で僕は服を脱ぎ始めました。全裸になった僕を見て「いい体してるね。ちょっと触るよ」ヒデさんの指が僕の頬を撫でて来ました。その指が口の中に入ってきました。僕の唾液がついたその指でいきなりペニスを触ってきました。濡れた指でカリの部分を撫でて来たのです。「アッ」僕は思わず声が出てしまいました。一気に僕のペニスは勃起しました。膨張した僕のペニスの先端からは早くも我慢汁が出ていました。次にヒデさんは僕の乳首に吸い付いてきました。「チュバチュバ」と淫靡な音がトイレに響き渡りました。僕の乳首はビンビンになっていてヒデさんの唾液でいやらしく光っていました。その時外に人の気配がしました。小便をしに来たようです。「音がしたらヤバイ」二人でその場にじっとしていました。チャックを上に上げる音が聞こえてホッとした次の瞬間、ヒデさんが唾液を自分の手に付けてその手で僕のペニスをしごいて来たのです。「んー」僕の押し殺した喘ぎ声と「ぐちゃぐちゃ」という音がトイレに響きました。外に出ようとした人の足音が止まりました。「見つかる」と思い、反射的にヒデさんの手を掴み動きを止めました。しかしヒデさんはその間も指でカリを撫でていました。「駄目だ。声が出る」と思ったとき足音が外のほうに遠のいていきました。「ばれたらどうするんですか。」僕が言うと「ばれたらばれたで燃えるじゃないか。こんなに大きくなってるくせに」ヒデさんは僕のペニスをゆっくりしごきました。「意地悪ですね」と小さな声で彼に言いました。 「そろそろ俺のもしゃぶってもらえるかな?」そう言われたので僕はヒデさんのズボンを脱がしました。

 

恋愛話
恋人の話 ブリジット

   相談なんですけど、彼氏はタメなんですけど中々素直になってくれないんですけどどぅゆぅ風に接したら素直になってくれると思いますか?相手は不器用なのかな?

 

悩み相談
誰か知ってますか? コージ

   自分は今年で高校生になるんですけどチンコの大きさが13cmしかありません。もっと大きいチンコ(18cmぐらい)にするにはどうすればいいか誰か知ってますか?

 

Hな話
思わぬ経験を・・・。 マンゴー

   今から話す話は自分が体験した本当の話です。2年前の夏休み、自分は一人で沖縄に遊びに行きました。自分はそのころから、トレーニングにはまっていて、沖縄にいたときも毎日、欠かさず砂浜を走っていました。ある日砂浜を走っていたら、三人組のアメリカ兵がトレーニングをしていました。行ったり来たりしていて、たまに目と目が合ったりもしてました。自分はトレーニングを終え、帰ろうとしたら後ろから聞き慣れない言葉が聞こえた。後ろを振り返ると、さっきの三人組が俺に話しかけて来ました。でも自分は英語が全く話せないので、何を言っているのかが分からず、ずっとイエスと答えた。そしたら急に二人に体を固められ、一人が勢いよく俺のシャツを破き、ズボンを脱がせてきた。必死に抵抗したが、無駄だった。そして手をひもで結ばれると、自分のチンコを握り勢いよくしゃぶってきた。そのうちの一人は強引に20cmはあろうかと思うチンコを俺の口に入れてきた。もう一人は、アナルを舐めてきて、指も入れられた。一気に三人にやられたので、苦しかった。そしたら、アナルに指を入れていた人が急に指を2本、3本、4本と俺の穴に無理矢理入れてこようとしてきた。その時はあまりの痛さに、我慢が出来なかった。気づいた時には、手全部が、俺の穴に入っていた。抜いたり入れたり、腕を強引に回してきて、一気に穴が開いてしまった。その後、アナルをいじっていた人が、20cmのチンコを穴に入れてきた。自分は抵抗も全く出来ず、やられるがままにやられた。段々声も荒くなり`ファック オーエイェー`といいながら、勢いは増してきた。その後、俺のチンコをしゃぶっていた人が、いきなり俺の前に立ち、しゃがんだと思ったら、もう一本20cm以上ものチンコを無理矢理おれの穴に入れてきた。まさか二本一気に入れられるとは想像も出来なかった。かなりの激痛が穴に走った。自分は完全に二人にサンドイッチ状態にさせられ犯された。入れたり抜いたりを激しくやられ、失神寸前まできた。そしたら、俺の口に入れていたチンコをもう一人がだし、俺の顔めがけて、精射してきた。その後ももう二人も俺の顔に精射した。俺の顔はもう精子でうもれていた。からり苦しかった。その後アメリカ兵はどっかに行ってしまった。思わぬ体験をその日してしまった。

 

悩み相談
誰か相談にのってくださぃ(;_;) ゅぅと☆

   ぼくは173★56★16のゅぅとってイイマス!!相談は......僕今高①なんデスケドち〇この皮が起っても剥けないんデス↓↓これって真性包〇なんデスカネ??それと無理矢理剥いたら普通に剥けるょうになるんデスカ??ホントに悩んでるんで誰か相談にのってクダサイ↓↓オネガイシマス↓≧0≦;直接メェルくれてもイイんで......ホントにおねがぃします...

 

« 2013年10月 | メインページ | アーカイブ | 2013年12月 »

最新ゲイアプリ Coolio

最新ゲイアプリ Coolio

売り専検索 ボーイズ・サーチ

売り専(ウリ専)情報総合サイト ボーイズ・サーチ

本家サイトはこちら

コメントや投稿が可能です

ゲイの出会い Coolboys

Cool Boys ! ~10代20代ゲイ限定~

世界のゲイ情報満載

世界のゲイ情報満載 World Gay Guide

スマホ対応!

スマホ対応